ADSLに乗り換えようPart5
Part5はドメイン移動後編です。

JPNICへの登録や変更申請はメールでできるようになっている。11月のある日、試しにikehouse.co.jpドメインの通知者が未設定だったので(3年前にはなかった項目だ)メールで設定依頼を出してみた。すると、その日の夕方に返事が来て、翌朝にデータベースに反映されるという。この辺の仕組みは半自動的に行われるようになっているようで、思ったより簡単だ。 それを知っていたので、今回は自分でDNSの変更申請をしてみることに。やることは、

  1. プライマリ、セカンダリのDNSのうちOCNエコノミーでもらっているセカンダリDNSを外す。
  2. プライマリDNSは自分で用意していのだが、そのIPアドレスがOCNエコノミーでもらっているIPなので、これをADSL側に移す。
  3. ついでにDNSの設定変更の通知者に自分を登録する。

この3つの指示は2通のメールで行うことになるが、ここで大失敗を犯してしまった。というのは1通目でセカンダリDNSを外したのは成功。2通目でプライマリDNSのIPを間違って変更してしまったのだ。すぐに気づいたので3通目の正しい変更指示メールを出したのだが、なんせ2通目で内容が変化しているので、3通目はそれを元に変更する指示を出さなければならないところを、元の設定からの変更を指示してしまった。指示は内容に間違いがあるとそのメールに含まれる指示が全部無効になってしまう。これに気づいたのはメールを出した夕方で、3通目の指示がエラーになったという返答を読んでからだった。 正確に書けば、今回新しいDNSのIPアドレスは 210.150.176.226 にする予定だったが、キータイプを間違えて 210.150.17.226 としてしまった。ラッキーだったのは、このIPアドレスの持ち主は、やはりNTT PCコミュニケーションで、該当するIPアドレスにはなにも繋がっていない様子だった。一応、NTT PCコミュニケーションのネットワーク管理者に事情を説明したお詫びのメールを送信した。

JPNICのデータベースが書き換えられるのは1日1回早朝だけだ。失敗したらまた1日後にしか変更できない。なんと、間違ったIPアドレスが登録されたデータベースが1日公開さる羽目になってしまった。影響はすぐには広がらない。DNSの情報が古くなってJPNICのデータベースを再度読みにいくまでに数時間がかかる。間違いのデータベースが公開された日は昼ごろからikehouse.co.jp宛てのメールがまったく届かなくなってしまった。それでもWebの方は影響が少ないようで、アクセスは半減したものの、なんとなくホームページは見えていたようだ。

正しいIPアドレスのデータベースが公開され始めた日の午後、ようやくメールが届き始めた。送信時間と受信時間を確認すると1日ほど、どこかのメールサーバで停滞していたようである。こんなことをしているうちに、InfoSphereから26日に登録完了で作業を進めるとメールが入った。あのDNSのIPアドレス間違いさえ無ければもっとスムーズにドメインを移動できたはずだ。26日にIPアドレスからドメインが引けるか確認するだけだが、なんせ8個の細切れなのでDNSの設定にも一工夫必要。ま、InfoSphereからの指示通りに設定すればいいだけなので、動くとは思うのだが。

というわけで、ADSLへの引越しは無事完了する予定です。OCNエコノミーは12月いっぱいで解約するようFAXで申し込みをしました。作業が完了すれば、これまで使っていたIPアドレス16個もOCNに返却され、来月から3万数千円の請求も来なくなる(はず)なんですが。 これにて このお話シリーズはおしまいです。(だといいのだが)