ADSLに乗り換えようPart4
Part4はドメイン移動前編です。

Part3で紹介したとおり、ADSLを使ったインターネットアクセスは順調で、ADSLモデムもブロードバンドルータも何の問題もなく動作しています。こうなったら、毎月3万もするOCNエコノミーをさっさと解約してADSLで経費を削減したいところ。でもOCNエコノミー側は3年前に引いたときからikehouse.co.jpというドメインが割り当ててあるので、これをADSL側に移動しなくてはならない。今回はこのドメイン移動のお話です。

ADSLを引こうかと計画し始めたのはNTTがフレッツADSLを使った8個か16個の固定IPアドレスのサービスをアナウンスしたのがきっかけだったが、なんと、このNTTのサービスに申し込んで代理店が連絡があると言われて、ちょうど1ヵ月後の12月10日に連絡があった。もちろん、そんなのんきな対応を当てにしてのんびり待ってるわけないので、NTT PCコミュニケーションが運営するInfoSphereが提供するBiz ADSL 8を利用することに決定。NTTのOCN ADSLアクセスIP8に比べて千円ほど割高になるが、なんせ対応に時間がかかりすぎることと、代理店を通さないと手続きがよくわからない不透明さが気に入らないので、InfoSphereのほうを利用することに決定。両者の手続きを比べてみればわかるが、InfoSphereの方は申込書や申請書などの必要書類が全部PDFでダウンロードできるようになっており、とにかく書類さえ作って送れば手続きが開始できるスピードが良い。申込書に記入して投函したのは11月28日だったように記憶している。

申し込みから約3週間、IPアドレスの割り当ても終わり、接続に必要なアカウントが宅急便で届く。このアカウントを使ってASDLモデムからダイアルアップすると、いつも固定のIPが8個割り当てられる。OCNエコノミーのときもそうだったが、IPアドレスはそんなにいらないのだ。1個かせいぜいで2個あれば十分。DNSからメールからWebから別々にサーバ立てるほどマシンがないし。IPアドレスからドメイン名の逆引きさえ気にしなければ、固定IP1個のBiz ADSL 1でも構わないのだ。ま、今回は公開サーバと内部から外部へ向けて、合計2個のIPを使うことにした。

ルータを設定すると、ADSLは難なくつながり、OCNエコノミー側とADSL側と2方向からグローバルIPを持つWebサーバになった。さて、予定では、OCNエコノミー側のIPと結びついているDNSをADSL側に切り替えて、JPNICへ登録して、1日ほど待てば、ikehouse.co.jpのドメインを管理するDNSが切り替わって、最後はInfpSphereが逆引きDNSを設定してくれれば完了となる予定だった。

JPNICへのDNSの変更手続きなどはInfoSphereにDNS設定依頼書を出せばやってくれるのだが、5営業日かかるという。もう年末近いし、ikehouse.co.jp側のDNSも正しく動作しているか確認したかったので、とりあえずはikehouse.co.jpのDNSをADSL側のIPアドレスを返すように変更して、インターネットからのアクセスがOCNエコノミー側からADSL側にだんだんと移り変わっていくのを観察してみることにした。確かに新しいDNSを読み取ったドメインからはだんだんとADSL側に繋ぎにやってくる。1日もすると、アクセスの半分近くがADSL側にやってくるようになった。DNSも正しく動作しているようだ。ここまでくればあとはJPNICへの登録さえ完了すれば、逆引きはできなくともとりあえずドメイン移動は完成したようなもの。だが・・・

続きは「ADSLに乗り換えようPart5」へ