ハリーポッター見てきました
今年一番のヒット映画になるかも知れないハリーポッターを見てきました。これから見に行くつもりの人はこの記事は見ないでおきましょう。

世界中に翻訳されているハリーポッターですが、私も映画を見ることを決意してからは慌てて第1巻を借りて読みました。原作どおりに作ったということですから、まず本を読んでから映像で確認しようと思ったんですよね。このまえAIを映画館に見に行ったとき予告編でハリーポッターをちらっと見かけて面白そうだとは思ってたんで。

友人夫妻とあわせて4人で見に行ったんですが、実は全員本を予め読んでいました。私は日本語で、妻は英語で(TOEICの勉強のために後輩から借りたそうだが話はあまりわからなかったようだ)、友人はサムスンに勤めているので韓国語で、その妻は日本語で。だが、最後まで読みきって話しを理解しているのは私一人だったようで。

そんな威張っても、何を隠そう1冊読み終えるのに3週間掛かっているのだが。私は小さいときから本を読むのが苦手で、技術書類はまあまあ読むが、小説だとか漫画だとか、とにかく活字が嫌い。だから自分から進んで本を読むなんて、記憶にある限りではこれまで3回ほどしかない。そんな私でも読もうと思ったぐらいだから、ハリーポッターって相当だ。

結論からいうと、本の方が面白い。本を読んでから映画を見ると、いろんな場面が実際に映像化されるので分かりやすくて面白いような気がする。映画では話の進み方が速くて、こんなにスッ飛ばして展開しなくてもいいのに、と思うぐらいで話は進む。それでも私が記憶する限り大事な2つの場面が映画にはなくて、それでも映画が終わったのは23時を過ぎていた。だから前宣伝を抜いても2時間半はある。そーかー、だから話を急いでいるわけね。忠実に作ったら5時間ぐらいは必要だ。

大事な2つの場面は、1つは2回目の例の試合、もう1つは最後に女の子が薬のビンを理論で当てるところ。これが映画にはないんだよね。だから最後の表彰式で女の子に50点与えられる理由がよく分からなくなってしまう。そういえば登場人物や物の名前が難しくていまだによく覚えていない。

見に行ったのは横浜のワーナーマイカルだったが、そこでコーラとポップコーンを買うのが友人のお勧め。で、メニューにはポッターのCD-ROMとカエルチョコレートがついた600円ぐらいのラージサイズのコーラが。もちろん、おまけ欲しさに買ってしまった。

CD-ROMはPlayStation用ゲームの宣伝のようなものでスクリーンセーバや壁紙が入っているが、どーも、キャラクタの描き方が日本人の好みではないと思う。カエルチョコレートは丸い円盤にカエルマークが乗っかり、味は普通のチョコレート。魔法カードがついている。

それより、また来年スターウォーズがやってくるそうだが、今度は恋物語みたい。最初にスターウォーズを見たときは中学生だったと思うが、見たこともない映像にビックリしたものだった。このまえエピソード1を見に行ったときは、そんなにビックリしなかったが、やはり特殊撮影が多用されて慣れてしまったせいだろうか。