ADSLに乗り換えようPart3
Part3はADSL開通編です。

まずは現状のネットワーク図をご紹介。OCNエコノミー1本はヤマハのルータを通ってグローバルIPになり、1つはWebサーバを経由してローカルIPになり各部屋の100BASE-Tのローゼットまで届いている。だから使っているグローバルIPはルータとWebサーバの2個だけ。WebサーバではPROXYが稼動して直接WAN側には出ていけないローカルIPを中継している。グローバルIPで直接出て行く必要があるときは、LANを張り替えているという面倒さ。ちょっと面倒なだがこうでもしないと安心できないのだ。

で、電話回線も1本入ってきて壁の中で二股に分かれ、1本は1階のダイニング近くに、もう1本は2階のコンピュータ部屋にいき、ここにFAX経由で電話がついている。ここで気になるのは電話回線が二股に分かれていること。スプリッタを通した後に分かれているなら心配しないが、その手前でわかれているのは電気特性に悪影響を与えないのか、それが今回ADSLを引くときの一番の心配だ。

まず、2階の電話回線がきているロゼットにスプリッタを取り付ける。スプリッタのADSL側にはADSLモデムを、LINE側にはFAXをつないで、ADSL回線を取り出す。ここで時報の117に電話してみると無事電話は繋がる。ADSLモデムとノートPCにLANカードを差し込んで結線。NTTから送られてきたADSLモデムはLANの結線をストレートとクロスに切り替えるスイッチがあるので、使うLANケーブルはどれでもいい。ストレートを使ってスイッチをクロスにするとLANカードのランプが光って結線完了。

NP-BBRルータを使わず、NTTから送られてきたCD-ROMに収録されているPPPoEのソフトをノートPCにインストールし、@niftyの説明どおりにDNSを設定してダイアルアップしてみた。すぐに接続しノートPCにはLANのインジケータが表示され、ブラウザのプロキシ設定を全部OFFにしていろんなページを見てみる。経過良好。どこも問題なく表示される。ここでどれくらい速度が出ているか最近流行りのブロードバンドスピードテストのページで計測。1.2Mbps出ておりフレッツADSLでもかなり速い方だという。10MバイトぐらいのファイルをFTPでダウンロードしてみた、最高で137Kバイト/秒でており、1.5MbpsのADSLとしてはかなり良い結果だと判断。

さて、今度はNP-BBRルータをIPマスカレードでグローバルIPを1つ共有する設定にしてADSLモデムとノートPCの間に挟んで同じように通信できるようにしてみた。ここでいくつか気になることが。
1つはNP-BBRルータのPPPoE接続切断機能があるのだが、これで接続を指示しても1発で繋がることがない。数回繰り返しているうちに繋がる感じで、なのが原因で一発開通でないのか分からない。PPPoEの認証方式にはPAPとCHAPの2種類があるらしいが、デフォルトでは「相手に合わせる」になっている。認証方式が合わないのか、@nifty側に空きIPがなくて拒否されるのか。PAPのみ、CHAPのみに変更しても繋がりやすさは変らなかった。なんとなく接続が確立されるまでに時間が数十秒かかるだけで、画面表示がそれより速いので状態を正しく反映していないような気もする。あと、ルータの設定変更するたびに、ルータが再起動する必要があり、これに20秒ほど時間がかかる。Web画面で設定可能なのだが、その動作も緩慢でもうすこしキビキビ動いてくれたらうれしい。

とにかく無事つながり、それなりの回線速度も出ているので、ローカルIP側に入れ込んで、外部からのWebアクセスはOCNエコノミー、ローカルIPからWANへはADSLで出て行くようにした。この状態で11月いっぱいは運用して、熱暴走とかハングアップとかADSL系に問題がないようならドメインをADSL側に移そうと思う。そのときは、NP-BBRルータのNAT/IPマスカレード設定を変更して、Webサーバ上のDNSを変更し、OCNエコノミーとYAMAHAルータを取り外すと完成となる見込みである。

続きは「ADSLに乗り換えようPart4」へ