ADSLに乗り換えようPart1
遅ればせながらADSLを導入しようと決心しました。まずは申し込みまでのPart1です。

我が家は98年3月からOCNエコノミーを使ってドメイン(ikehouse.co.jp)を立てているので、それ以来128kbpsで常時接続です。あのころはやっとISDNが普及しだして、常時接続の低料金サービスといえばOCNエコノミーぐらいしかなく、ほかに選択肢はありませんでした。低料金といえども1ヶ月に4万円もして、今となってはあほらしい価格です。もう3年半以上払いつづけているので月額も割引されて3万数千円にはなりました、やっぱり高いことには変りありません。それも128kbpsですよ。

ここ数ヶ月ほど前から気づいたんですが、ウィークデーの日中はOCNエコノミーが異常に遅くなります。ひどい時にはファイル転送が1KByte切ることさえあります。@Niftyへのホームページのアップロードがあんまり時間かかって、実際に28.8kbpsのモデムでつないで上げたこともありました。いくらベストエフォート型といえども、安いADSLなどが普及しているこのご時世に、この回線品質で3万円も徴収するなんてゆるせん。というのがADSL乗り換えの一番の動機です。

さて、2ヶ月ほど前からADSLを引いて、そこにドメインを移行させるにはどういう方法があるか検討してきました。で、候補に上がったのがInfoSphereの法人向けメニュー。このBiz ADSL 1/8なら合計で月々1万5千円ぐらいで1.5MのADSLに乗り換えられそう。そう思っていたら、OCNからドメインを引けるADSLサービスを始めたとメールが届いた。申し込みは10月下旬からのようで、とりあえずはニュースリリースどまり。10月下旬になったので、さっそくホームページから申し込んではみたものの、まったく音沙汰なし。ホームページから申し込んで1週間ぐらいたっただろうか。たまたま会社を休んで家にいたら電話がかかってきて、OCNが契約している代理店を紹介するという。
「おいおい、そんなに大げさなのか?」 
ま、それでも話が進むので11月の都合の良い日を5日ほどピックアップして代理店から連絡がくるようにオペレータにお願いしたのだった。

ところが、いくら待っても連絡がこない。そもそも代理店に丸投げしようって心意気だから当てにならないのも当然だが。代理店はユニシスか東芝何とかという2店があるといってたが、よっぽど忙しいんだろうか。とうとう16日になっても連絡はこなかった。

もう14日の時点で、これは代理店任せでだめだな、と感ずいていたので、まずは自分でADSLを引いてドメイン移行に耐える回線品質かどうか確認することにした。ADSLは基地局からの距離や設置環境によってずいぶん品質にばらつきがあるのは、いろんなホームページで紹介されているとおり。うちの設置場所はすごい遠いかも知れないし、ブチブチ接続が切れるかも知れないし、OCNエコノミーと一時的とはいえ併設するわけだから干渉するかもしれないし。ま、とにかくADSLを引いて確認してみなくては。

ちょうど都合が良いことに@niftyの無制限コースのアカウントは1つ持ってる。これでADSLを引いて実験してみようと思い立った。まずは、NTT東日本のADSL申し込みページへゴー!

うちへの回線は2本あって、1本は電話、もう1本はOCNエコノミー。この電話の1本をADSLと兼用にして、ADSL開通後、OCNエコノミーで立てているドメインをADSLに移動させて、最後にOCNエコノミーを解約しようという計画である。ADSLを申し込んだ翌日ぐらいにメールが届いて、メールに記載してある詳細な申し込みページにいき、いろいろ書き込んで工事日程を指定する。最短で7日後という。申し込みページにいったときはすでに15日の午前0時を回っていたから、最短の22日を指定した。ADSLモデムの取り付けなど全部自前でやることにするので、誰も22日には工事にこないから、午前でも午後でもとにかく基地局の回線工事が済むようにして申し込み完了。ADSLモデムとスプリッタは22日の前日までに宅配便で届くという。

続きは、「ADSLに乗り換えようPart2」 へ