しし座流星群は見えましたか?
11月19日はすごかったですねぇ。しし座流星群。今年は日本が好条件ということでちょっと気合を入れて、月曜は休みを入れて、富士山の麓まで見に行きました。

18日の夕方、天気予報では晴れとなっているものの、ちょっと雲があり心配が先立ちます。夜、お風呂に入って外を眺めれば、それ一面に雲が。あー、なんてことだ、ここまでやってきながら。と半分あきらめムードで、日本全国どうなっているんだろうとインターネットで調査を開始。カメラのライブ中継にいってもサーバはパンクして繋がらないし、掲示板も反応しない。だよねー、だってみんな期待して起きているんだもん。

そんなかな、唯一役立ちそうなのが、携帯用に開設された掲示板。携帯相手だからそんなに混まないし、画面も軽いから、ここでみんなの書き込みを見ていると、どーも愛知県は完璧に晴れているらしい。もう12時回ったからいまから愛知県まで移動するのもなぁ。北海道は雪、東京・横浜は曇り、京都は一時雨、九州も曇り、ライブ中継の八ヶ岳山頂は晴れて絶好調だという。 電波観測のページも大変役に立つ。雲があってもどれだけ流れているかグラフで分かるし。あー、もうボチボチ流れ始めているんだぁ。仕方ない、2時半まで寝て待ってみよう。

1時半すぎに妻が起きて私を呼ぶ、「星みえるよー」 そんなわけないだろ、あんなに曇ってたのに。窓から覗くとオリオン座が。あれ?さっきまでの曇はどこに? いつのまにか晴天になり、満天の星空になっているではないか。 常日頃から行いいいからなー!

すでにボチボチ流れているのが見える。電波観測でも1分間に2・3個流れているのが分かる。まさか晴れるとは思ってなかったので、防寒重装備の準備も忘れていて、慌ててその辺ある洋服を手当たり次第に着込んでベランダに椅子を出して観測開始。

うーん、すごいなぁ。3年前にも世間で大騒ぎしてみんな見に行ったけど、あのときの数を遥かに超える大出現。1週間ほど前からしし座流星群を調べ始めて、去年おととしのピークを当てているアッシャー博士によれば、今年は2時半と3時20分ごろにピークがやってくるらしい。

いよいよ2時半、もう2時ごろからドドーッと流れては、数十秒お休み、またドーッと流れるというような周期的な降りかたをしながらどんどん数は増えてきてる。外気温は多分0度を下回っているような。いろいろ重ね着して最後は毛布に包まっているけど、だんだん足元から冷えてくる。さみー、3時半を過ぎたらもう家の中に入ろう。多分1時間に数百個は見ているだろう。流れ星に願掛けすると叶うというが、おー、わー、と歓声をあげていていろいろお願いするのを忘れてしまった。

結局3時40分ごろまで粘って、もうこれだけ見たからいいだろう、と家の中に退散した。電波観測ではまだまだ流れている。でも、もういいや。お茶をすすって体を温めて、やっぱりもうちょっと見てみようかな、と外に出たらすっかり曇っていた。なんていいタイミングで晴れていたんだろう。さっきまでの晴れ間が東京・横浜に移動したらしく、掲示板の書き込みでも晴れて見えるという歓声が。みんな良かったねー。

ところで、アッシャー博士はすごいな。予測はほぼ完璧にあたっているといっていいだろう。宇宙に漂う隕石が地球に衝突しないか観測するのがお仕事だそうで、言ってみれば軌道計算のプロ。アッシャー博士が地球に大きな隕石がぶつかると予測を出したら、みんなで逃げなきゃね!