7ヶ月後のクリンちゃん
この前、久しぶりにクリンちゃんの住む実家の金沢に行ってきました。
みぃちゃんと折り合いがつかず、4月初めに金沢まで車で連れて行ってからもう7ヶ月が経ちます。その間にも、デジカメでとった写真がメールで送られてくるのをみて、ずいぶんと大きくなったなぁー。を通り越し、ちょっと太りすぎなんでない?の領域に入ってるとは思っていたんですが。

玄関を開けてビックリ! ぬいぐるみのように丸々したクリンちゃんがお出迎えです。
思わず出た一言は 『うぉー、でっけー』
写真じゃ実感なかったけど、本当にでデカくなってました。体重は6キロ前半だそうで。
プイ!と振り返って台所に向かっていく後姿は、モンローウォークとは聞いていたけど、それよりお相撲さんみたい。ちょっと痩せたほうがいいんでない? でもご飯は体重が4Kgを超えたときからすでに食事制限モードにはいって、それでも大きくなっていくそうな。一時は6キロ後半まで増えたけど、これでも少し痩せてスマートになったんだと。

家をたずねてくる人がクリンちゃんを見ると、『あらまー、立派な猫ちゃんだこと』とまずは言うらしい。立派の意味は大きいを指すらしいのだが。『なんていう種類?』と聞かれて拾われた事情を話すと、『やっぱり横浜の猫ちゃんは気品が違うわ』といわれるそうな。確かにぬいぐるみみたいなきれいな毛をしている。でも川崎で拾われたんだよね。

相変わらず活発でいたずらは好きなようで、押入れを開けたりするとすぐに入り込んで陣取ったり、この前なんかは、2階の階段の踊り場から壁にかけてあった額縁の上に飛び乗り、額縁を落っことして1個を粉々にしてしまったとな。2つ一組の絵だったのに。

次の朝、起きるとクリンちゃんの姿が見えないので、どこに行ったか尋ねてみると、朝ごはんを食べてひと遊びして、ベット下の引き出しの中で寝ているという。写真でみたことあるその姿を見ようと、そっと引き出しを開けてみたら、靴下を押しのけて背中が見えるのだけど、大きくなりすぎたから、引っかかって引き出しが出せない。背中が当たると奥にズリズリ潜ってしまい、結局背中しか見ることができなかった。だよな、あの大きさじゃ。とにかく、元気ですごしているのでとりあえず安心。でも、もう少し痩せてね。

横浜に戻って、玄関のドアを開けるとみぃちゃんがお出迎えに起きてきた。
『みぃちゃん、ちっちぇー』 こんなに違うなんて。いつも散歩してるとき近所のおばさんから『また、大きくなったんじゃない?』ってよく言われるけど、クリンちゃん見たらたまげるよ、きっと。