ありがとう、小僧寿し
うちの近所に小僧寿しの店があります。我が家の場合、1ヶ月に1度ぐらいのペースでお世話になっています。ちょっとお昼ご飯にお寿司を食べるにはちょうど良いです。実はこの小僧寿し芹が谷店はほかの小僧寿しの店よりも美味しいのです。

数年前、土日にデパートなどに出かけると、きまって地下の食料品売り場によってお寿司を買ってきてお昼ご飯に食べていました。人ごみを歩くのが苦手なので、デパートに出かけるのは一苦労。疲れて帰ってお昼ご飯や夕食を作るのは大変なのでお寿司は重宝していました。いろいろ種類を買い込むとあっという間に3千円にはなります。4千円台も珍しくはありません。 ま、そうやっていろんなところで買っているうちに、あそこが一番美味しいとか我が家なりに順位がつくわけです。

そんなとき、近所の小僧寿しをちょっと買ってみようという話になり、それほど味は期待していなかったのですが、なんとその辺のスーパーに売っているお寿司よりはるかに美味しいことが分かったのです。 それに、なんと月の第2、第4土日は全品500円になるたっぷり500円というサービスもやっていることが分かりました。 普段710円で売っているイクラや甘エビが全部500円。味とコストパフォーマンスを考えても絶対お買い得!
それが分かってから、500円のサービス日に気がついたときは、四折ぐらい買ってきて夫婦二人でたいらげるのでした。

お寿司の味の決め手はネタはいうまでもありませんが、寿司飯の味もすごい大切です。どうして、この芹が谷店が美味しいのか真剣に考えてみると、ご飯の炊き方、酢の利かせ方、温度、握る硬さ。要するにご飯を炊くのが上手なおばさんがいるという結論に達しました。 昨日、お昼に買いに行ったときにお店をたたむ経緯を聞いてみたところ、この芹が谷店は小僧寿しチェーン直営で、フランチャイズでないため、本部の意向だそうです。この店は特に美味しいね!というと、おばさんは「ほかの店より美味しいとみんな言って買いに来てくれる」といってました。うーん、このおばさんたち、どうなるのかな。
なんか技術がもったいないなー。本部は分かっているんだろうか。

ということで、明日、10月14日を最後に惜しいお店が閉店してしまうのでした。近くの人は買いに行ってみてね! うちは500円セールのとき、いつもは値段が高い!、イクラ、ツブ貝、甘エビ、数の子を頼みます。