ビールに枝豆
枝豆はビールのおつまみにピッタリですが、実は尿酸値の観点からするとあまりお勧めできないそうです。最近の麒麟ビールのCMで、中山美穂が「ダダ茶豆なんかいいーすねぇ」というフレーズで耳にしたことがあるでしょう。枝豆の品種の1つですが味に濃くて、湯で揚げたときにモワッとしたにおいがあります。

ダダというのは方言でお父さんの意味だそうです。どこかが登録商標にしているわけでないらしく、産地はいろんなところがあります。値段は高く、普通の枝豆が一袋300円ぐらいするときに580円ぐらいします。でも一度食べたら結構ハマって、どうせ同じ尿酸値をあげるなら美味しいものを!と結構選んでしまいました。ほかに天狗枝豆なる商品もありますが、こちらもダダ茶豆と同じぐらいの値段です。でもダダ茶豆のほうが私は美味しかったです。枝豆は収穫してから時間が経つと、だんだん味が悪くなります。買ったらすぐに食べましょう。

<<美味しいゆで方>>

枝から切り離して袋やネットに詰めている枝豆を湯がくときはどうしてますが?沸騰したお湯に塩を入れて、そのままドバッと入れてませんか? 美味しく食べるにはもう一工夫必要です。枝豆の房の両端、もしくは片側だけでもいいのですが、ハサミで少し切り落とします。こうするとお湯が中まで浸透しやすく、豆がふっくらして、お湯の塩味も中まで入ります。枝つきの枝豆を切り離すときは、房にすこしかかるところで切り取ればいいでしょう。

茹で上がりは少し味見をしながら、ピッタリ茹で上がりのほんのちょっと手前でザルにあけます。そして、水などかけず、アツアツのうちに塩をパラパラと降りかけ、手で摘んでもやけどしないぐらい冷めるまで待ちます。水をかける人もいるようですが、全体が水っぽくなって美味くありません。食卓には温かいうちに出して速攻で食べます。冷え切ったころには味は悪くなってます。