アメリカ企業の撤退は早い
最近、大規模リストラ発表が流行ってますけど、みなさん元気にしてます?
8月29日にゲートウェイが日本市場から撤退のニュースが流れたと思ったら、すぐに日本ゲートウェイのホームページのトップページがサポートを残して入れ替わってましたねぇ。早ぇー!この辺はホント、アメリカ企業って動きが早いですよねー。

ゲートウェイといえば、昔々、CPUが486DX2、66MHzのマシンをわざわざアメリカから輸入して買いました。当時2000ドルぐらいだったと記憶しています。あのころ、高性能なDOS/Vマシンといえば、アメリカ本土ぐらいにしか候補がなく、PC Magazineとか向こうのパソコン雑誌を定期購読して、うらやましそうにPCの広告を眺めてましたっけ。
結局、あのころのPCは日本のに比べて何が優れていたかと思い返せば、1番はビデオカード、2番はモデムだったような。Window3.1時代はどれだけ高速にスクロールできるか競うことが、一種の社会現象になってましたねー。モデムも国内だと9.6Kbpsが主流のところ、28.8Kbpsとかがプラス100ドルで手に入るとか。そのうち、US以外にはモデムを追加して出荷できなくなったりして。

まー、ゲートウェイに比べると、日本企業の動きってのろいこと。リストラ発表っていったって、毎日なにも変らないし。どっかの企業なんて早期退職者募集してますけど、一番上乗せ金額が高い年代が53歳で、45歳からも受け付けるだなんて。そんなことしてたらできる人からドンドン辞めちゃって、最後に残るのは辞めては食っていけない人ばかりになっちゃうのはいいのかなぁー。一時的には給料払う人が減るから経費削減でいいのかもしれないけど、なんか違うと思うんだけどな。

そういえば、去年、某社にやってきた社長。まー、コロコロ言う事が変って大変。そもそも商売を知らない人間が、「インターネットビジネス」とか「モバイル」とか響きだけカッコいい言葉だけ口にして、会社中引っ掻きまわしてるんだけど。みんなテンヤワンヤで大迷惑って感じ。所詮、考え方がサラリーマンなよねー。きっと、会社つぶすね。

8月に入って猛威を振るったCodeRed2のワーム。ここ1週間ばかり勢力が衰えているみたいだけど、9月1日になったらまた大発生するんではないかと心配。このまえサーバに感染しようとするアクセスを数えてみたら、8月6日あたりがすごくって、みんなパッチを当てるから少しずつ少なくなっているんだけど、いまだに感染して放って置かれているのか新たに感染しているのかわからないが、感染サーバはまだまだある。あれに感染するとドライブの中身とかインターネット経由で見えちゃうから、さっさと直したほうがいいのにねー。9月1日、2日は土日で、管理が手薄になる日とピッタリあうから、きっと又大発生するんだろうな。

あー、今日はなんか愚痴みたいになってしまいましたね。みぃちゃんも散歩から帰ってきたことなのでこの辺で。