猫と散歩と、いまどこサービス
おはようございます。といっても今、夜中の1時半です。でも、おはようございます!
今日も夜明けまでみぃちゃんの散歩の監視かも知れません。きっとそうでしょう。
昨日も夜中の0時40分に出発して帰ってきたのは4時半でした。

6月頃から、あさの4時半に起こされて散歩に連れて行け!とミィーミィー鳴かれるので、仕方なくみぃちゃん一人で散歩させています。その間、人間は窓のそばに布団を運んできて、監視しながら朝までおつきあい。もう、寝不足で。

ここ1週間ばかり、だんだん暑くなるにしたがって、出かける時間が早くなり、とうとう0時台に出発となってしまいました。もう、こうなると人間もつき合いきれません。でも心配なのでなにかいい方法がないかと考えていました。みぃちゃんの居場所さえ分かれば探しにいけるのに。

まず思ったのはセコムの「ココセコム」です。車やバイクが盗難にあっても位置を5mの精度で割り出してくれるサービスです。コマーシャルをみて大変興味があったのですが、難点がいくつか。一つは専用装置が猫には大きすぎる。大きさが小さめのドリンク剤ぐらいで、重さが60g。体重5kgの猫が背中に背負ったと仮定すると、人間に換算して1リットルのペットボトルを持ち歩くような感じに相当すると思う。これでは散歩するには大きすぎるし疲れてしまう。第一、大きいのでどこかに引っかかりそう。実物大の装置をイエローハットで見てきたが、やっぱり小動物には大きい。それに位置検索が1回100円もする。これでは基本料金が安くても気軽に使えない。やっぱりココセコムはいざというときに探す車やバイクにつけるのに適している。

次に思いついたのは、3年ほど前にテレビで見かけたドラエモンの形をしたPHSで位置の割り出しができるというサービス。さっそくドコモのホームページにいってみると、2月頃に発売されたとっても小さいP-doco?miniなる商品を発見。大きさはマッチ箱程度で27グラムと軽い。それに紐を通せるフックがついているから首輪につければ簡単に取り付けられそう。でも、位置精度が100mかぁ。100m四方の範囲からみぃちゃんを見つけるなんて至難の業だわ。でも小さいなぁ。位置検索も1回10円というのもお手軽だし。

ドコモショップに出かけてみました。

実際に手に取ってみると本当に小さい。持続時間は260時間というが、そんなに要らないので、電池の大きさを半分にして鈴ぐらいにしてくれると猫にピッタリだ。でもこれでも使えそうだからいいか。本体の体積のほとんどをバッテリーが占めていて、機械がちょっぴりだけ入っている。次のはこの半分の大きさにしてね!>ドコモ

このP-doco?miniは量販店では扱っていないらしい。きっと契約時に位置を検索される側の同意書が必要だからだろう。でも今回は相手は猫だ。どうするのだろう?

ショップのお嬢さん:「どなたがお持ちですか?」
私:「うちの猫です」
お嬢さん:「そうですか。では子供の親と一緒なので代わりにサインお願いします」

あまりビックリした様子ではなかった。結構あるケースなのだろうか。それにしてもドコモショップは賑わっているなぁ。今時こんなに流行っている店なんてユニクロしか知らないぞ。新規契約が3分の1、あとは機種変更か料金支払いだろうか。
契約に要した時間は約40分、機械はすぐに使える状態で手渡された。ちなみにどこかに機械をなくしてきた場合どうなるか聞いてみた。機種変更になると高くつくので解約して再契約したほうが安いという。今回は新規契約で1万6千円ほどでした。

で、昨日のこと。使う前に位置検索のテストを妻と携帯電話で連絡を取りながら実施。マピオンの地図にはここと思われる場所と半径100mの円が表示される。何となくだが使えそうな感じだ。これならいざというとき本気になれば見つけられそう。そういえばこの前の土曜日、みぃちゃん先生のところへ予防注射を打ちにいったら、迷子の張り紙がしてあった。コーギー犬のコウスケ君だったかな。早く見つかるといいけど。

この前、夏祭りだというので遊びに行った親戚の家では犬を飼っているが、聞くところによると、犬は雷が嫌いらしい。お祭りで外では打ち上げ花火のドーン、ドーンという音が遠くで聞こえたが、それにも怯えていた。だから、雷が鳴った日は迷子犬が増えるという。猫は雷は大丈夫のはずだ。去年のことだと思うが、酷い豪雨のなか、家の2階の窓からみぃちゃんと二人で「すごいねぇー」と観察していたら、前方50mほどの電柱に雷がおちてビックリしたことがある。でもみぃちゃんは平気だった。

さて、寝床についたと思ったら、案の定、みぃちゃんが0時40分に騒ぎ出して首輪に取り付けたP-docoを首からぶら下げて出発! 即座に位置検索開始。もちろん初めての試みなのでみぃちゃんが帰還するまでは監視体制は続いたのでした。

おいおい、いきなりどこにいくんだ。おまえはそんなところまで散歩にいっているのかぁ?向こう三軒両隣の庭が行動範囲だとばかり信じてたのに。もう焦ってしまって2分おきぐらいに位置検索をしていた。だんだんと冷静さを取り戻して足取りを考え直してみると、急に位置が飛ぶことがあり、酷い誤差が発生することがあるのがわかった。
それに慣れてしまえば「あ、今だいたいこの辺だなぁ」とわかるだけでも安心できる。
そもそも位置を割り出す原理は、PHSのアンテナのうち一番電波の強いのと、2番目に強いのの2つの位置の中間をもって現在地とするらしい。位置検索を行うと、P-doco?miniのLEDが数秒点灯するのでこの間になにかやっているんだろうな。

で、どんな風に地図が見えるか、昨日の4時間の軌跡をプロットした画像をお見せしよう。最初のうちは焦ってしまったので計測時間の間隔はバラバラだが、途中で5分おきになっている。
本来は十字のマークの周りに赤い半径100mの円と電話のマークが重なって表示されるのだが見にくいので消してしまってある。

急に位置が変わるのは計測誤差が非常に大きいときで、ほとんどはだいたい合っていると思っていい。この程度の情報だと迷子犬を探せると思う。全部の軌跡をプロットすると次の地図になる。

実は朝までこんなことをやっていたので疲れて会社を休んでしまった。で、PHSのアンテナの位置を確認するために近所を歩き回ってみたのだが、アンテナ位置と軌跡は結構関係が深いようだ。たくさん点が観測された場所には必ずアンテナが立っている。それも2本か4本まとめて立っているから、まさかそんなところに行ってないでしょう!というのはたまたまそのアンテナの電波が一番強かったということらしい。

ということで、精度が100mとはいうものの、結構役に立つサービスであること確信した。それに月額基本料が980円で、我が家の場合、携帯が1台しかなかったからファミリー割引20%がそれぞれの契約適用されて、最終的には+130円でこのサービスが受けられるということも発覚した。これは結構いいじゃない。犬のお散歩に出かけるとき、もしも迷子になったことを考えると安いでしょう。
犬ならなおさら気にならない大きさだし、首輪もついているし、取り付け簡単だと思う。

猫の場合は・・・まずは外に出さないこと。一度、外の自由を味わってしまうとエスカレートしてこれなんだもの。この生活、いつまで続くんだろう。