日中友好協会の水餃子
この前、佐川急便の件で話題になった水餃子について、たくさん問い合わせがあったので紹介します。まずは作り方から。(写真をクリックすると拡大します)
餃子は480個、一袋が20個入りなので24袋になります。冷凍だから急いで冷凍室に。ところがこれを全部入れるには冷凍庫が空っぽ状態でないと難しい。もちろん注文する前から冷凍室のものを消費して空けておきます。
さすがに全部詰めるとこんな状態。最初の注文は少なくしましょう。140個で5000円のセットがあります。
飲み物専用の冷蔵庫はカウンターの下にあります。
だからビールもワインもドリンク剤も台所までいかなくてもこの通り。
でも、こんなにドリンク剤があっても効かないんだよねぇ。
気合い入れるだけよ。寝る前に飲んでもやっぱり眠いもん。
鍋にお湯を沸かします。ちょっと多めがいいでしょう。
グラグラ沸いてきたらたた食べたい分だけ入れます。
少しだけなら5個ぐらい、主食にするなら10個ぐらいが適当です。
5分から6分すると餃子が浮いてきます。
その間に薬味を切ります。
万能ねぎとショウガをみじん切りにします。
取り皿に醤油とお酢を半々にいれて薬味を入れます。
浮いてきた餃子は別のお皿におたまですくい取ります。
そのまま食卓へ。追加のお酢と醤油もお忘れなく。
なお、お湯からすくい上げた餃子を醤油とお酢の中に入れて食卓に出してはいけません。やってみましたがいまいちおいしくないです。かならず別の皿に盛りましょう。

さて、食べ方はわかりましたね。簡単でしょう。夜遅く帰ってきてもすぐにおかずが一品増えます。それにおいしい。脂っこくないのでいくつでも食べられる。

日中友好協会から通販で取り寄せられます。興味のある方は次へどうぞ。

日本中国友好協会
電話:03-3234-4700