佐川急便なんて使わないで
みなさんも通販は利用しているでしょ。便利だし。最近は注文がインターネットでできるから電話やFAXだけしか注文手段がなかった昔に比べていろいろ注文できる品物が増えているし。

うちの奥さん。日本中のおいしい食べ物を紹介していたとある本に習って、めぼしいものを片っ端から注文して食してみたんですが、確かにおいしいことは確かだが、どれもリピートするほどの味でもなかった。あんまりたくさん頼んでいたので、どんなものがあったかも忘れてしまったが、ウナギおこわ、ドレッシング、チーズケーキ、ラスク。。。

そんななかで、我が家でヒットを飛ばし何回も頼んでみたくなるものを1つだけ発見!それは日本中国友好協会が扱う、水餃子。パッケージを見る限り、中国で作った水餃子をゆでて、すぐに冷凍にして日本に持ってくるらしい。食べ方は超!簡単。食べたいだけお湯に入れて、浮かんできたらすくい上げて食卓へ。お酢と醤油と刻んだショウガと万能ネギを薬味にして食べると、さっぱりした感触でいくらでも食べられる。事実、最近忙しい我が家は、帰宅するのが遅くなり、手の込んだご飯を作るのが難しいので、この水餃子は大変助かっている。

ところがだ。餃子はとても旨いのに、残念なことに使っている宅配業者が佐川急便なのだ。うちに届く本や雑誌は結構佐川急便が多くて、いつも届けてくれるおばちゃんも愛想良くて、これまでそれほど悪い印象はなかったのだが、クール宅急便となると話は違う。ぜんぜん駄目なのだ。話は3週間ほど前にさかのぼる。

ある日、家に帰ったら不在連絡票が入っていた。クール宅急便で届けに来たがいなかったのでまたくると。電話をして次の日の夜8時にまた来てくれるように頼んだ。最近忙しいのでなかなか受け取れないからきっちり時間を決めて、何とか仕事を切り上げて8時に家についた。ちょうどそのときは父親が来ていたので、多少遅れても代わりに受け取れる状況だったから、安心していたのだが。

そもそも振り返ってみると、彼らには時間指定のサービスはないのかも知れない。オペレータがいやそうな応対をするのだ。

帰ってみると7時に来たと不在連絡票が入っていた。家には父親がいたのにである。電話をしてドライバーに連絡をとってもらったが、呼び鈴を鳴らしたが誰もいなかったという。父親に聞いてもだれもこなかったという。そもそも8時に約束しておいて7時にくるのも話が変だが。どうしても届けてほしいというと、忙しいから夜遅くなるという。待っていたら10時頃に、バウォン!バウォン!騒音をたてながら1台の車がうちの前に止まった。佐川のドライバーのお兄ちゃんが帰宅する前にうちに届けに寄ったらしい。

ここで冷静に考えてみると、話がおかしい。品物は冷凍食品でクール宅急便扱いのはず。そのうるさい改造車に冷蔵庫や冷凍庫が積んであるというでもいうのだろうか。ま、一応品物は届いたので一件落着。

この水餃子。あんまりおいしいのでパクパク食べていたらあっという間になくなった。また注文することにしたが、どうせすぐに消費してしまうだろうから3倍の量の480個を注文。うーん、これだけあれば1ヶ月は持つかもしれない。また受け取りに苦労するから日中友好協会には日付指定で日曜の夜に届けてもらうことにした。で、私はサザエさんを見ながら待っていたのだが8時を過ぎてもまったく来る気配なし。日曜だしそういうこともあるかとその日は連絡もせずにいた。不在連絡票もないのに、うちの荷物はありませんかと電話するのも変だしね。

月曜の夜、家に帰ってみると佐川急便の不在連絡票がポストに。7時に来たがまた来ると。おーおー、480個の餃子が届いたか。電話をして次の日の夜8時に持ってきてくれる約束になった。

火曜日の夜。餃子が届くので慌てて帰って7時50分に家についた。セーフ、餃子は受け取れる。ところがだ。ポストにまた不在連絡票が。7時5分に来たがまた来ると。ちょっとまて、8時の約束だろう。妻が電話したら、オペレータは8時になっているといって話しがついた。当たり前だ。昨日そう約束したのだから。ところが、しばらくして佐川急便から電話が掛かってきた。約束は7時以降だという。ちょっとまて!自分から8時といっておきなが、約束は7時だと?さすがにこのうそつきオペレータには切れた。

それでまた、自分のミスを認めるのがいやなのか、やる気がないのか、会社の方針がお客はコケにしろと通達が出ているのか理由は知らないが、いつ届くか折り返し電話するという。そういう問題じゃないだろ。10分ほどして電話がまた掛かってきたがいつ届くか即答できないという。9日に集荷して初めて届けたのは11日であることは確かだという。どうなってるんだこの会社。責任者を出せといっても不在でいないと一点張り。

とにかく佐川急便の人たちはいい加減すぎて話にならないので、日中友好協会に電話してみる。もうとっくに8時を回っているから誰もいないかも知れないけど。でも電話はつながった。対応したおばさん曰く、10日の夜届くように発送したと。10日はこなかったといったらビックリしていた。協会も佐川に連絡したようだが、とにかく佐川は知らんぷりのようで。こんな状態ではいつ受け取れるかわからないからクロネコで送り直してほしいと頼んだら、あとで折り返し電話があり、そのようにしてくれると快諾してくれた。

協会の人がいうには、前にも同じようなことでクレームがあったと。「これじゃうちもお客さんに逃げれるわよねぇ」という。まったくその通り。いくら送料がチョビッと安いからといって注文した商品が確実に届かないようでは、どんなにおいしい餃子だって2度と注文はこない。通販業を営む人に今一度考え直してほしい。自分の商品を買ってくれたのに、商品が届かないのだ。こうしてクレームが自分の耳まで届くのはまだラッキーだ。商品に自信を持っているのにリピーターがいない。絶対の自信があるのに売り上げが伸びない。もしかしたら最後の最後で自分の知らないところで、いま書いたような事件が起こっているのが原因かも知れない。悪いことはいわないから、佐川急便を使うのおやめなさい。うちの場合、指定業者が佐川急便だったら絶対注文しないことになりました。

この佐川急便。社会の役に立たない会社なんだから、なくなってしまえばいいのに。そう!株が下がればあっという間に倒れるから株価を調べよう。銀行なんて潰すの簡単よ。みんなが預金引き出したらあっという間だし。保険会社も同じ。この前倒れた東京生命も危ないという噂で解約されたら、1週間持たなかったもんね。YahooやKabu.comでどんなに探しても佐川急便が見つからない。え?非上場企業だったの。実は佐川急便は地方の運送業者と提携や資本参加をしながら全国展開していったらしく、○○佐川急便という会社の集合体なのだ。もし上場企業だったらあっというまに株が投げ売られて業界から撤退しているわな。こんな会社。

後記
このページを見て不愉快な気分になった方、ごめんさない。でも私も上記のような思いをしたことは事実で作り話ではありません。この件で私に意見しないでください。クール以外を届けてくれる佐川のおばちゃんは私のいそうな時間を見計らって届けてくれるとっても気の利くいい人です。少なくとも家にクールを届けてくれる佐川急便は上記の状態でうまく受け取れた試しがありません。このページが載ってから佐川急便内でも話題になったようです。この事件の数日後に佐川の営業と支店長が菓子折を持って謝りに来ました。そのときにこの信頼回復は仕事で挽回してくださいと伝えました。今はクールを使うことはないので現状はどうなっているか分かりません。あなたのところへ来ている佐川急便はみんないい人かも知れません。クロネコでもひどい対応を受けているという人もいるかも知れません。うちにはクロネコヤマト、佐川急便、日通ペリカン、福山運送が来ます。荷物の受け取りでトラブルになったのは佐川のクールだけで、他でここまで酷い対応をされたことはありません。