使える?使えない?無線LAN
はーい、今日は休日出勤をやめて、先週買った無線LANについてレポートします。もう、いい加減に仕事飽きちゃったもんね。

無線LANにあなたはなにを期待します?私は家中どこにいてもLANにアクセスできて、10BASEぐらいの性能は発揮して、なおかつ、セキュリティが確保されていること。ま、この3点に尽きるでしょう。今回購入したのはI/OデータのWN-B11シリーズのアクセスポイントAXPと、PCカードのPCMの2つ。近くのヤマダ電器で3万5千円ぐらいでした。このI/Oデータのページでも紹介しているとおり、ASCIIのテストによれば無線LANは各メーカーごとに性能や互換性にばらつきがあって、まだ成熟している商品とはいえないかもしれません。その中でも一番優秀な成績だったI/Oデータを買ってみたんですが。

設置

まずアクセスポイントのAXPを箱から取り出し、LANケーブルで接続、設定ソフトをサーバにインストールして、ほとんど暗号化もなにもない初期設定状態で動作確認します。I/Oデータの製品ってハード(FDも含めて)1つ1つに貼るシリアル番号シールがあって、すごいご丁寧。というか、あんまりたくさんありすぎてちょっと面倒。でもいいんじゃないんですか。
つい、このまえWEBサーバにDHCPを入れて内向きLANをDHCP化したんですが、アクセスポイントAXPもDHCPに対応しているので、この方が設定が楽です。最初は2階のマシン室に設置したんですがどーも1階、とりわけ庭で電波が弱いので1階のキッチンにおろしてきました。キッチン近くは携帯やコードレス電話などが集中してACアダプタてんこ盛り状態です。

(クリックで拡大)

アクセスポイント側の設定が終わったので、今度はカードPC側を取り出して、ノートPCに入れるんですが、最近のお約束は、ドライバをインストールしてからカードを刺すこと。でないと、ドライバ見つけられなくってうまくハードが動かないことがあるから要注意。なんなくPCカードは認識してDHCPでIPアドレスも割り当てられたことを確認。ちなみに、コマンドプロンプトからipconfigコマンドを打てばすぐにわかる。
あとで判明することだが、PCMCIAのスロットは右側についていた方が手でアンテナを隠す確率が下がるのでいいと思う。でもだいたい左側についているよね。

PCカード側には設定ツールが常駐して次のような画面になっている。
この画面は通信速度と品質がわかる画面。現在11Mbpsで通信していて、受信が852バイト/秒だと。状態のところに出ているのはアクセスポイント側のMACアドレス、セキュリティの問題があるので消させてもらった。

この画面は動作の大まかな設定をする。SSIDにはこの無線LANグループの名前が書いてあるのだが、これもセキュリティ上問題になるので消させてもらった。これはWindowsでいうところのワークグループと同じ概念だと思う。

このページは暗号化について設定する。いまはうまくいったので暗号化できているが最初は暗号化せずにつながったことを確認してから暗号化した方が通信できない場合の問題箇所を発見しやすい。設定しやすそうなパスフレーズという合い言葉で作成した暗号化ではうまく接続できず手動で5バイトのランダム数字を入れてやっと成功した。しかし、なぜか開いてみるとパスフレーズになっている。5バイトというのは5バイト×8ビット=40bit暗号化になるらしい。WEP欄には64bitと書いてあったり、この辺の暗号化の表現はまだ慣れないせいか、どの数字がなにを表しているのか直感的に理解しにくい。

通信速度

さて、早速どれくらいアクセス速度がでるか試してみよう。テレビHDD録画しているサーバのフォルダを開いてゴロゴロ転がっているMPEG2ファイルを再生してみる。1個は1.2GB 程度の大きさがある。ありゃ〜?50KB/秒しか出てないのはどうして?だってASCIIのレポートでは500KB/秒ぐらい出るって書いてあったじゃない。実は、ノートPCに刺すのでせこく省電力をEnableにしておいたのが原因だった。きっとパケットを送信するたびにカードのパワーを上げたり下げたりしているのだと思う。だから遅いのね。

省電力をDisableにしてもう一度テレビを再生してみる。でも結果は酷い!先のツールで転送速度を観察すると350KB/秒ぐらいしか出ていない。電波状況はアクセスポイントのすぐ横で全く問題ないに500KBもでないよぉ。どうやら無線LANの802.11bというはどこかのレイヤーでデータ圧縮がかかっているか連続したデータ転送が苦手なんではないかと思う。大量のテキストやログをコピーしているときは500〜600KB/秒ぐらい出ている用に見える。誰か500KB/秒だす秘訣を知っていたら教えてください。インターネットするには十分な速さなんだけど、やっぱり無線でテレビがみたいのよねぇ。

電波はどこまで届く

雑誌記事などでは木造建物では何の問題もなく電波は届くことになっているのだが、うちの場合、旭化成のへーベルハウスでいわば鉄骨とコンクリートパネルでできているので鉄筋コンクリートに近いらしい。たぶん外壁や床に使われているコンクリートパネルには金網が入っているはずなので電波の通りが結構わるいのだ。一般住宅だからといって見くびってはいけなかった。2階のマシン部屋にアクセスポイントを設定した場合、1階では電波強度は半分程度、だが、庭に出てみると10〜30%程度で今にも切れそう。事実。PCカードのアンテナの部分に手をかざすと、リンクが切れてしまって通信できなくなる。確かに1階と2階では床1枚で電波は届く、でも庭となると、外壁と床と2枚は通ってくる必要があるため厳しい。壁の厚さは15cmぐらい。だから30cmのコンクリート壁は通らないと思った方が無難だ。

結局どうなんだ

インターネットとか100KB/秒も出れば御の字の世界では十分使える。今はやりのADSLだって、1.5Mbpsだと理論的に150KB/秒しか出ないはずだ。無線で11Mbpsなのだから明らかに無線LANの方がまだ高速だ。でも、ちょっと考えてみると、無線を使ってNTTなどが2Mbpsや4Mbpsのサービスを計画しているらしいが、これではMPEG2でテレビ番組配信なんでできやしない。私は朝起きるとTVサーバに今日の番組が1セットテレビ局から配信されて貯まっていて、指定時刻以後ならいつでも何回でもみれるような世界を期待しているんだが、それは光ケーブルで最低100Mbpsないと実現できそうにないことだけははっきりしてきた。だれかこんなサービス実現して、お願い!

ちなみに、家庭内の有線LAN100BASEで5年前にかったTDKのCardBusLANカードでは実にスムーズにTV再生できる。この環境では7MB/秒の転送能力があった。少し前に買った10BASE-Tの普通のLANカードでは500KB/秒ぐらいでなんとか少し詰まりながらTV再生できた。やっぱり、100BASE-TとCardBusの組み合わせは偉いんである。