SOTEC買ってみました
ご無沙汰してます。この2・3ヶ月死にそうなくらい忙しくてホームページもろくに更新してません。なにしてるかって?内緒です!そのうち紹介します。

で、こんなことでは大変だと、ノートPCを1台買ってみることにしました。これまでノートPCは2回買ったことがありますが(正確にはなにかのソフトの副賞でもらったノートを含めると合計3台)最初に買ったのは海外に出かけたついでにAMBRAというメーカー(IBMが立ち上げた子会社だったが今は実在しない)確かCPUが80386、25MHzだったような。Windows95が出た頃までは使ってました。

2台目はNiftyのWindowsフォーラム主催のソフトコンテストで一位になったときの副賞でもらったGateway2000のノートPCでCPUが80486、25MHzだったような。

3台目は勤め先の会社がノートPCの部品の発注を間違えて大量在庫を抱えてしまったとき(という噂だが真相は明らかでない)の社員割引で8万円ぐらいで買った80486SX75MHzの富士通BIBLO。

どれも1年や2年は使うのですが、CPUがどんどん高速化していきマザーボード交換で生き延びられるデスクトップとは違い、ノートPCはせいぜいでHDD交換で容量アップ。なのにこんなに高いなんてもったいない。それがしばらくノートPCを買ってこなかった一番の理由です。電池が持たないのも結構難点だけど。

で、とにかく最近のノートPCは普通にCeleron700MHz、10GBのHDD、64MBのメモリぐらいは当たり前になってきているので、一番安いのを買って、また1年ぐらいしたら買い換えようぐらいの気持ちで選んでみることにしました。

候補は昔から興味があったEPSONダイレクトと、ここ1〜2年で勢力を伸ばしてきたSOTEC、あとのメジャーメーカーはだいたい20万円ぐらいするのでパスし、12万円ぐらいで考えます。EPSONダイレクトのEDiCubeNoteシリーズ対するはSOTECのWinBook。LANが標準装備で15GBで少しHDDが大きめなのがCubeNoteの強み、画面が少し大きくてIEEE1394端子があって、チップセットがIntel製なのがWinBookの強み。動作時間もCubeNoteの1.5時間に対してWinBookの2時間〜2.5時間という表記もちょっと気になるところだが、そもそもバッテリ容量がそれほど変わらないのに1時間も差が出てくるのだろうか。こればっかりは使い比べてみないと何ともいえない。

で、私としては実はリビングのテレビの下に置いてあるテレビHDD録画のPCとLANでつないでベットでTVがみたい野望もちょっとあるので、そのときはチップセットがSiSよりIntelの方がMPEG再生で相性が良さそうだし、手持ちのどのPCにも持っていないIEEE1394端子があるということでSOTECにしてみました。で、重さ3Kgってのはどれくらい?それは来てから考えることにしよう。

ゴールデンウィークに注文して納品まで2週間、届いた箱をもってズッシリ。こんなに重いんだっけ3Kgって。あけてビックリ、A4ノートってこんなに大きいんだったっけ。ま、そーだよね。昔はみんなこんな大きさしてたもんさ。会社で最近使い始めた富士通製ノートはもっと軽くて薄くてかさばらなかったけど。これが12万円と20万円の違いだわね。でも、液晶がこんなに大きくて12万円とはすごい世の中だよね。昔なら40万円ぐらい出さないと、こんなに大きな見やすい液晶なかったよ。いろんなソフトが入っているけど役に立ちそうなのはATOKぐらいであとはなくても困らない。初めてパソコン買う人はソフトもってないので最低これぐらいあってもいいとは思うけど、2台目3台目ならこんなにいらないんだよね。

というわけで、久しぶりにノートPCを買ってみてよかった点・悪かった点をとりとめもなく上げみます。

液晶画面

間違いなく進歩してます。というか安くなってます。これだけ大きさあれば十分です。

キーボード

キータッチはしっかりしていていいんだけど、キーの配置と大きさの配分がいまいち。ENTERキーの右側にHomeやPageUpを置かないでほしい。ENTERキーは一番右端にあった方が打ち間違いがすくないのだ。いまホームページでCubeNoteのキー配置をみてみたがあっちのほうが使いやすそうなのだ。

バッテリーの保ち

この記事を書いているような状況下ではたぶん1時間半ぐらいでしょう。2時間半は難しいんではないかと思います。実は一番困っているのが、のんびりキーを打っていると、いつまにはHDDがお休みになっていて、次の一文字を入れると、一瞬止まったかのように詰まる感覚があること。PCの電源設定でHDDは止まらない設定にしてあるのに3秒位アクセスがないと止まってしまうものだから、きっとBIOS設定が超節電モードになっているのだろうとBIOS開けてみてビックリ。なんとパワーマネージメントの項目が1つもないのだ。こんなのあり?初めてだよこんなBIOS。

タッチパッド

ごく普通だと思う。タッチパッドよりトラックボール型の方がぶれが少なくていいと思う。何気なくおいた指がタッチパッドに触って意図せずにカーソルが動いてしまうことがあるから。

FD&CD-ROM

本体にどちらも内蔵されているのはやっぱり便利。B5サイズにするとUSB接続になって持ち歩く部品が増えて結構面倒なんだ。

PCMCIA

TypeUが2枚刺さる。FAXモデムも内蔵だし、LANカード以外のものを刺すことは少ないのだけど2枚刺さるのはやっぱり安心。CardBus対応なのもありがたい。5年前に間違って買ってしまい使うことができなかったTDKの100BASE-TのLANカードが今になって役立っている。

でだ。家中100BASE-Tが刺さるようにはなっているものの、みぃちゃんの散歩につきあいながらこの記事を書くためにはもう一工夫必要なのだ。そう無線LAN。次回はそのお話をしましょう。