クリンちゃんのその後
クリンちゃんがやってきて1週間が経ちました。クリンはすっかり家になれて、どんな人でも愛嬌を振りまいて、だれでも仲良くできる能力をもっているようです。野良ゆえに備わったものでしょう。みんなからご飯もらわないと生きていけないし。

問題はみぃちゃんで、いままでずっと一匹で大切に飼われてきたものだから、自分以外の猫が家にいるなんて考えられないようで、ぐれてほとんど2階で暮らしています。最初のうちは、まったく1階に下りてはきませんでしたが、最近は散歩のときぐらいは自分から降りてきます。でも決して1階には長居しません。いつもクリンがこないか警戒しています。

こんな調子ではみぃちゃんが慣れる前に病気になってしまうかもしれないので、新しい買主を探すことにしました。まずは、最終手段の義姉のところで飼って貰えるという話なので、義姉の家に住んでいるテクマ(犬)に引き合わせて相性を観察してみることになりました。実際に引き合わせてみるとまったく問題なしで、お互いを特に意識することなくうまくやっていけそうです。
初めて会った人間でもご覧のとおり。すぐになれておなかの上でゴロゴロいいながらくつろいでしまいます。なんて得な性分なんでしょうねぇ。これなら誰でも飼えます。
この子が今回引き合わせたテクマ君です。テクマクマヤコンのフレーズからつけられた名前ですが、男の子です(お釜)
むかし、気の強い猫と引き合わせたら、あまりに猫が凶暴で胃潰瘍になってしまった経験があり、今回の引き合わせとなりました。
たくさん遊んでもらったので、みんなが帰ったあとは、グーグー寝てました。このソファーは大好きで、右側の写真のように、完全に1直線に伸びてしまい、可愛いことこの上ありません。
どうしてもみぃちゃんは仲良くなれないようで、仕方が無いので別のもらい先を考えていたら、金沢に住む嫁さんの両親に飼ってもらうのが一番いいのではないかと打診したところ、なんとOKが出てしまい、今週末にクリンちゃんと飼育道具一式を車に乗せて石川の金沢までいくことになりました。たぶん2時間おきにご飯と水とトイレをさせながらいけば6時間もあれはつくことでしょう。