野良猫、クリンちゃん
会社の近くで最近3匹の野良猫を見かけるようになりました。1匹は大きめで、呼んでも知らんプリで完全に野良を満喫しているんですが、中くらいの茶色と、もっと小さい黒っぽいのは、生まれてまだ半年ぐらいしか経ってない野良新入生です。毎日どうしてるかなぁとフェンスを覗き込んでいたら、通りがかりの人が餌をあげているらしく何とか食いつないでいるが、茶色は目の周りがヤニだらけで明らかに病気にかかっている感じ。黒い子も結構衰弱している様子で、大丈夫かなぁ。と思っていたら数日前から、茶色も黒も姿が見えなくなり、通りがかりのオバサン曰く「あの子達は死んじゃったかねぇ」

げ、やっぱり死んじゃったわけ?最近また寒くなってきたし、茶色は目やにもひどいし、クシャミもして、鼻の通りも悪そうで辛そうだし。野良ってかわいそう。うちにはみぃちゃんいるから引き取るのも難しいしねぇ。じゃ、もしも今度見かけたら引き取ってあげよう。そう夫婦で相談していたところ…

12日は朝から雪がちらついて、また急に寒くなってきて、これじゃ野良は堪えるだろうと思っていたら、なんと、茶色がクシャミとゼーゼー息をしながら、キュ、キュと弱弱しく鳴いて、また姿を現したのでした。呼ぶとフェンスをくぐってやってくるので、抱き上げてみると目や鼻のまわりにはびっしり目やにが固まって、鼻も片方は通らない状態、耳の中も黒いし、手足は薄汚れていて、裏返すと睾丸があるので雄と判明。会社にいく途中だったので、その場ではすぐ連れていけず、みぃちゃんとの問題も踏ん切りがつかなかったので、昼に様子を見に行って、まだいたらつれて帰ろうとその場を立ち去りました。

で、お昼休みに見に行ったら、茶色はまだ頑張ってそこにいました。もしみぃちゃんと相性が悪かったら、義姉のところに引き取ってもらえる都合もつけて、そのまま会社をドロンしてダンボールに入れて家に連れて帰りました。

みぃちゃん先生は午後4時までは昼休みなので、それまで玄関先の日当たりのよいところに置いて、お湯で絞ったタオルで顔を拭いてやると、ゴロゴロいいながら気持ちよさそうにして、合間に顔を摺り寄せてきます。そのときに撮った写真がこれ。(クリックすると大きくなります) これでも結構拭いたので綺麗になったほうなんだけど。

顔中目ヤニでいっぱい鼻も詰まって息苦しいバタン

4時になったのでみぃちゃん先生のところへ連れて行き見てもらいました。もちろん先生とは朝から電話でこの子を引き取ったときの対策について話し合っているので、事情はわかっています。体重は2.45Kg、体温はちょっと低め、採血すると血が濃いみたいで脱水症状、目ヤニや鼻はウィルス性の病気、おなかが張っているので虫がいるだろう。みぃちゃんと同居する予定なので何か病気がないか徹底的に検査してもらい、完治するまで入院することになりました。先生曰く、「まずは1週間、クリーンアップ作戦ですね」、看護婦さん曰く「あなたは綺麗にすると美人になるわよぉ」

でもって、今日、会社の帰りに様子をみにいくと、すっかり元気になっていて、目ヤニもほとんど取れ、目の腫れもひいて、時たまクシャミはするものの、最初にずいぶんおとなしい猫だと思ったのは、弱っていたせいで、人懐こい性格です。たくさん食べてウンチはまだしていなく、たぶん去年の秋頃に生まれて生後6ヶ月ってとこらしいです。猫は春に発情して5月ごろに子供を生むというのが常識と考えられてきましたが、実は春以外でも発情して秋に子供を生むことがあるそうです。
血液検査の結果、次のとおりです。

白血球が多いが感染症のためで治療で治ってくるだろう。
肝機能が少し悪いが十分食べられなかったためだろう。
猫エイズもウィルス性白血病も陰性。
TP値(なにか忘れてしまった)が高いのだが、もしFIP(猫伝染性腹膜炎)に感染しているなら大変だが、その様子はなく、治療でTP値が下がって行けばFIPもないだろう。

とまあ、30分ぐらいいろいろ説明してもらったんですが、ちょっと忘れてしまった^^;

レントゲンも特に問題なく、怪我した形跡もなし。ウンチが溜まって虫がいるのでガスが溜まっているみたい。そうこうしているうちに初ウンチをしました。ウンチを顕微鏡でみるとやっぱり虫がいるみたいです。この子一人なら今週で帰れるのだけど、みぃちゃんがいるので、徹底的に直しましょうということで、退院は来週の中ごろです。名前はクリーンアップ作戦からクリンとなり、通称:クリちゃん、またはクーちゃんとなりました。(結構いいかげんやな)