パソコンでテレビ録画
どもー、ご無沙汰してます。最近あった話題に載せる話題が無いわけでもないんですが、ついついサボりがちでして。

 

はじまり

去年の11月ごろから(だったと思う)NECのSmartVisionというテレビをキャプチャしてハードディスクにMPEG2で録画する、要するにハードレィスクレコーディングということをやってます。昔からパソコンでテレビを録画して、好きなときに好きな場所で(もちろん家の中です)テレビを楽しむことを夢見てきた私にとって、パソコンでテレビを録画できるようになったこと自体が大きな前進です。といっても簡単には行かなかったのですが。
そろそろ4ヶ月使ったので、その間に得た経験をお話しましょう。

既存のパソコン

まずは、リビングルームのテレビ台に仕込んであったパソコンはCyrixの266MHzという、ふた昔ぐらい前のスペックで、テレビに映像を映せるようにビデオカードにはクリエイティブメディアの3D Blaster RIVA TNT2 Ultraを載せてありました。このビデオカードを選んだ唯一の理由はNTSCのテレビ出力が得られることです。ゲームをしない私は3Dの描画性能とかあまり気になりませんから。この構成で1年間テレビを見ながらインターネットで調べたりメールを書いたりという使い方をしてきたわけです。

SmartVisionを買う

去年の11月ごろ、NECから発売されたSmartVision for USBなる商品を買いました。テレビのチューナーがついていて、アンテナ入力を差し込み、USBでPCに接続してテレビ録画できる製品です。ビデオ映像はUSB接続されたPCとは離れた箱の中でMPEG2に圧縮されるため、パソコンのCPUパワーはそれほど必要ないものの、いかんせん、Cyrix266MHzでは力不足でぜんぜん再生ができません。再生はCPUパワーを使って出コードします。というわけで、急遽、このテレビ録画するんだー!という目的のために、マシンを1台組み立てることになりました。PentiumV733MHz、128MBメモリ、30GBのIBMのディスク、ASUSのCUSL2マザーボード、どっかの安いケース。なんだかんだと10万円ほどかかります。うーん、テレビ録画するのにこんなに高い機械が必要ってかぁ。それでもHDDレコーディングは経験してみないことには分かりません。

この組み立てたPCは我が家で一番のスペックになりました。ソフト開発のCeleron466MHzなんかよりずっと速い!一番ビックリしたのはATA100の速さです。実測で本当に30MB/秒出るんだもの。あのさー、ちょっと前はUltraSCSIの10000回転/分のチータを2台ストライプセットにして24MB/秒しかでなかったんよ。それも20万円もかけて。それをまあ、こんな安いハードで軽く抜いてくれるって...

録画予約失敗

組みあがったPCを無理やりテレビ台に押し込んで録画予約をして稼動開始。ところが、毎朝様子を見てみると、なにかのソフトがエラーしてて録画予約が止まってぜんぜん録画できない。どうしてどうして、こんなはずじゃ。NECに聞こうにも「自作パソコンは動作保障外」と書いてあるんだから聞けないよね。いろいろ試してみるうちに、どうやらADAMS−EPGというテレビ番組情報を電波に乗せて送ってくる仕組みがあるんだが、この受信ソフトがエラーするらしい。番組表なんて要らない、このPanasonicのテレビだってEPGが動作するんだから。頼むからエラーしないで言われた番組だけ予約してくれよー。設定でEPGの受信をしないようにしたら、それからは快調に録画してくれるようになりました。

使い勝手は

さて、MPEG2で録画した番組ってどんなもの?そう思うでしょう。まず画質からいうと、VHSの3倍モードよりは良くって標準よりは汚いって感じ。普通にテレビみるなら十分です。圧縮の程度を変えると画質を落としてファイルを小さくできます。今はたくさん録画したいので1時間あたり1.4GBになるようにしてます。10時間で14GB、20時間で28GB必要になります。30GBのHDDをつけたので20時間ぐらい入ります。

便利なところ

なんと言っても便利なのは、順番に番組を見る必要がない。テープだと順番に見ないと消せないテープが溜まって山積みになっていくが、それがない。見たらドンドン消していくのが条件だけど、最悪いっぱいになったらどうせみないんだしすぐ消してしまえばいい。1週間分の番組を毎週予約で15本ぐらい予約してあって、ほっといてもドンドン番組が溜まっていく。

USB接続なので圧縮はPCのCPUを使いません。ディスクに書き込むのだけが仕事です。だからPCで無理な操作をしないかぎりコマ落ちがしません。番組中にちょっとメール読むとかInternetExplorerで調べ物するときでも録画していることは制約になりません。

不便なところ

SmartVisionのソフトの操作性がよくない。パソコンでマウスで操作することを前提に作ってあるから、ワイヤレスキーボードで操作している私にとって、結構はなれた場所から小さい早送り、巻戻しボタンを押すのは結構神経を使うのだ。せめてSmartVision-TVのソフトがアクティブのときは、ファンクションキーとかにすべての機能を割り振って、キー操作だけでも満足に操作できるようにしてほしかった。あと、早送りとか普通のビデオと同じ機能だけをそろえないで、1回キーを押したら15秒とか30秒進むような機能もほしい。時間指定で10分早送りとか番組途中にすぐにいけるような機能もほしい。せっかくHDDなんだからテープではできないような操作性がほしいんだよなぁ。

録画の5分前から準備に入るので、結構神経を使う。3分前からずっとスタンバイしてないと録画してくれないのだ。これも何とかなると思うんだがなぁ。

ずっとPCの電源を入れておく必要がある。予約で録画するには仕方ないような気もするが、予約時間の少し前になったらUSB側からWakeUpをかけてくれないかなぁ。最近は慣れてしまってあまり気にならないが、ずっと電源が入っているとリビングでは結構ファンの音が気になってしまうのだ。Windows2000もサポートしてほしいな。そしたらWebサーバのOSをバージョンアップして、Webサーバが録画マシンで、リビングPCは見たいときだけスタンバイから起こすのに。

テレビCMはステレオ放送が一般的ですが、番組本編はモノラルが主流です。このCMのステレオからモノラルに切り替わるときに、ザザーッとノイズがでます。たぶんSmartVisionの機械の問題でしょう。気にしなければいいですが、ちょっと不満です。

再生するのに最低でも800x600の解像度が必要です。テレビなので640x480で使っていたんですが、これでは小さすぎて再生してくれません。3D Blasterはなんとか800x600でもTV出力してくれたので助かりましたが、できなかったらアウト!でした。3D Blasterで800x600でTV出力するように設定しても、なぜかリブートすると設定を忘れてくれてえらく苦労しました。いつのまにか覚えてくれました。

結局のところは

SmartVisionのソフトの使い勝手に不満はありますが、テープの交換や脅迫観念から開放されることを考えれば、なかなか便利ではあります。HDDも30GB、40GBが当たり前になってきてるので、ここらで各社競い合って、もっと便利なHDDレコーディング環境を創出してほしいところですよね。次の目標はビデオカードを交換してD3端子でTVに接続することです。