無停電電源のバッテリ交換
うちには6台の無停電電源があります。たぶん一番最初に買ったのは、わざわざ秋葉原のT-ZONEまで出かけていって買ってきたサン電子のものだった。サン電子はたしかT-ZONEの関係会社だかそのものだったかな?当時で500VAぐらいの出力で4〜5万円したと思う。もう、この機械はバッテリが弱っていて、パソコン1台を1〜2分しかバックアップ運転できないくらいに弱っている。

そう、無停電電源(UPSともいうが)は半永久的に使える機械でないのだ。使っている部品の最重要部分がバッテリなため、だいたい2年から3年ぐらいで性能が半分ぐらいまで落ちてしまう。それでも、日本の電力事情はアメリカなどに比べて相当良いものだから、瞬断に耐えられるだけでも、結構UPSの役目を果たしてしまったりして。

6台の内訳は、最初に紹介したアド電子のが1台、オムロン製が2台、APC製が3台で、APC社のUPSが多いのは、まあまあ信頼できるからでもある。そう言えば、初めてAPC製のBack UPS 400をアメリカに出かけたついでに買ってきたときはすごかった。UPSってバッテリがほとんどの重さを占めていて、それでもって平気で5キロぐらいあったりする。出力400VAのUPSが200ドル以下で売られているのを見たら買って帰らないわけにはいかない。サン電子のが数万円したのを買った後だから。

梱包の箱を捨てて、本体だけを現地でかったバックに詰めて、空港のチェックインではもちろんビビィー♪鳴りと止められる。検査員になんだ?と尋ねられ「バッテリバックアップシステム」といったらすんなり通してくれた。うーん、大きなシールドバッテリがX線に映っているのに、なぜ爆弾だと思わないんだろう。日本人だからか。

さて、話は戻って、そのAPC製のUPSの1台は一番機能がたくさん付いていて、バッテリの状態も定期的に監視している。バッテリが弱ってくるとブザーとランプで知らせてくれたりするんだが、その時がとうとうやってきたんである。いきなりブーブー騒ぎ出してくれたのでびっくりしたがバッテリ交換ランプが点灯していた。バッテリ交換しろというんだからもちろん交換可能な仕組みになっていて、裏のパネルを空けると中型バイクに載っていそうな大きさのシールドバッテリが出てくる。うーん、大きさがピッタリのものをどこかで見つけるのは大変そう。APC社のホームページに行ったら通販で1万1千円で売っていた。同出力のBK500を買い直すと通販で1万7千円ぐらいするので、ちょっとケチッてバッテリ交換してみることにした。6千円追加すると新品に交換して、バッテリの弱った1台が残るという手もあるが、これ以上UPSが増えていってもねぇ。

で、注文したら品切れで2週間してやっと今日届いた。さっそく交換して運転再開。古いバッテリは送られてきた箱に詰めて送り返すと処分してくれるらしいが送料はこちら持ち。

もし、あなたがUPSを買うつもりで、モデムやルータを繋げているなら、APC社のBK500やBK300を選択するのは、ちょっといいかもしれない。というのも今年の夏は雷がひどく、神奈川県でも結構被害があったそうな。この前の落雷では、TAやルータが相当やられたらしく、NTTにインターネットに繋がらないという電話が5000本ほど掛かってきたというニュースがあった。たぶん、雷がどこかの電柱に落ちたときに交流電源か電話線にサージが発生してショックで壊れたんだと思う。私も1回落雷のショックでモデムが壊れたことあるし。こういうとき、モジュラージャックか10BASE-Tを差してサージから守ってくれる機能もあるUPSだと多分大丈夫だったんではないかと思う。パソコンに入る電源と電話線をUPSから取り、他には線が繋がらないようにしておけば防げた事故ではないのかなぁ。