みぃちゃん歯石とりました
猫ちゃんはお元気ですか?うちのみぃちゃん、1995年の5月に家に来てからもう5年以上過ぎました。唇を横からウンガーと開けると黄色い歯石が目立つようになったので、健康診断も兼ねて、先週の土曜日にみぃちゃん先生にお願いして、歯石とりと血液検査・レントゲンなどキャットドックをやってもらいました。キャットドックって猫犬の英語名ではないです。人間ドックの猫版です。

前日の夜は9時以降ごはんを食べさせないようにさっさとご飯茶碗と水のみ容器を片付けてしまい、次の朝起きたときにはなんにも無い状態にします。起きたみぃちゃんには、いつもの土曜日と変わりないように思わせるため、さっさと散歩に連れて行き、帰って十分ブラッシングをしました。10時になったので、窓際で外を眺めてくつろいでいるのを確かめると、こっそりとゲージを運んできて、何気抱くダッコ。そのままゲージに。

「なんで、こんな昼間からゲージに入るんだ!どうなってるんだ、ミィー」とわめきだしたのをぐっとこらえてみぃちゃん先生のところへ。診察台に乗ったみぃちゃんは怖くてブルブル震えています。かわいそうに。体重は4.7Kgで8月に計ったときより0.3Kgほど減っています。そういえば、今年の秋はバカ食いしないし、なんとなく食欲が細いようなきも。

血液を採るところまで付き合って、あとは家に帰りました。夕方6時にお迎え予定です。

夕方また迎えにいったら、麻酔から完全に覚めていないみぃちゃんは、ちょっとボーっとしてます。レントゲン写真を見るとウンチがいっぱい映っていて、ちょっと便秘ギミのような。レントゲンに胸からお腹までしか入らないのをみて、「胴が長いねぇ」と言われてしまいました。胃も腎臓も肝臓も膀胱も異常ないようです。

血液検査の結果、ちょっとたんぱく質の摂取量が多いようで、分解酵素が標準値より少し多めに出てました。そろそろシニアの仲間入りなので、少しづつたんぱく質の摂取量を抑えたシニア向けの食事にしたほうがよいようです。ホタテせんべいで心配していた腎臓はまったくの標準値で収まっていたのには安心しました。超音波でとった写真も見せてもらいましたが、これはよくわかりません。

歯石は本当に綺麗に取れていて、歯は真っ白です。口の中で悪い菌が騒がないように抗生物質の薬も4日分渡されました。

歯石取り、血液検査、レントゲン、超音波とこれだけやって全部で2万7千円ほどでした。猫は健康保険がないからちょっとつらいところですね。でもこれで少し安心です。