みぃちゃん予防接種にいく
暑いですねぇ、みぃちゃんがそろそろ予防接種の季節になったので、今日みぃチャン先生のところへいってきました。デジカメを持っていったのでみぃちゃん先生も写してきましたので紹介します。

まずはみぃちゃん先生に行くと悟られないことが肝心です。いつもどおりに行動し、「今日は暑いねぇ」なんて話し掛けながら出発の準備をします。

何気なしに散歩の紐を付けたところで、ゲージを持ってきて格納します。もうみぃちゃんは何が起こるか大体分かっているので、ミーミー泣き出して大変です。

病院に到着しました。途中は手に下げて道路を歩いて3分ぐらいですが、ミャーミャー泣くし、車はたくさん通るし、結構大変で気を使います。ついてしまえば借りてきた猫状態でおとなしくなります。

病院の受付けです。赤い服を着ているのは家の妻です。食物アレルギーのポスターをみたフーンと感心しながら読んでしまいました。診察室に呼ばれるまでここで待機します。待合室にはいろんなペットに関する本屋雑誌もあります。

最近しばらく行ってなかったので、いつのまにか掲示板ができていて、みんなの犬や猫の写真がたくさん飾ってありました。うちのもみぃちゃんも参加してみようかな。

みぃちゃん先生登場!です。正確にはただす先生です。診察台はデジタル体重計にもなっていて、いま体重計ってます。5.05Kgでちょっと減ったかと思ったらカルテに去年計った記録があって同じでした。もう、みぃちゃんはまな板の鯉です。

最近、耳が少し汚れ気味と相談したら耳の中を見てもらってます。猫によってはいつもワックスが掛かったようにしっとりしている子もいるし、いつもこの程度なら問題ないということでした。

診察も終わり、予防接種もして、最後にみんなで記念撮影です。一番右は最近入った若い先生で私も初めて会いました。右から二番目がただす先生です。結構ガッシリ型の体格で、これならがんばれると思いますよね。左から2番目は看護婦さんです。一番左の女性は就職を控えて、インターン?に来ているそうです。就職する前にいろいろ動物病院を回っているのだとか。

今日はお盆だったので外来は少なかったですが、お盆なので預かっている子は満タンだそうです。「その割には静かですねぇ」と聞いたら、「最近いいものがあるんですよ」と何やら取り出してきました。

むかしみぃちゃんを2回預けたことがあり、お盆シーズンだったのでゲージは満室で、ワンワン・キャンキャン・ニャーニャーと結構騒がしく大変。やっぱり飼い主から離れて一人でゲージに入っているのは動物にとっては不安なんだなぁ、泣くのは仕方ないと思ってました。ちなみに預かっているところを見せてもらいましたが、清潔なステンレスの大きなゲージは10個ぐらい並んでました。みぃちゃんはおとなしいほうなので、ゲージでじっと座ってました。あー、なんてけなげな。我々をみるとミーミー泣き出して、「どうして置いてけぼりにしただミィ、さみしかったぞミィ」といつまでも足にスリスリしてました。

で、どんないいものがあるかというと、猫のフェイシャルフェロモンのスプレーで、これをゲージとかに吹き付けておくと、猫は安心しておとなしくなるそうです。

フランスのvirbacという動物などの医薬品も作っている医薬品メーカーが出しているものでそのへんの怪しいバッタもんではありません。フェイシャルフェロモンというのは、猫が柱に頬をスリスリしてつけるフェロモンのことで、自分の環境を居心地よくするためにフェイシャルフェロモンをつけるそうです。そしてフェイシャルフェロモンをつけた場所には尿マーキングをしないそうです。だからこのスプレーは尿マーキングをして欲しくないところにスプレーしておくとよいそうです。

説明書の使用目的には2つあって、みぃちゃんの場合は2番がピッタリ!

  1. 尿マーキングを止めさせたり防ぐ。

  2. 新しい環境やストレスの多い場所(バスケット内、かご内、車内、旅行中、新居移転)で猫を落ち着かせるため。

体に直接つけたり飲んだりしないので副作用の心配がないのが一番いい。試しに使ってみたら?と1本頂いて帰りました。ちなみに買うと3000円ほどだそうで。やったー、これでみぃちゃんは車移動で泣かなくなるかもしれない。この薬の効果のレポートは1週間後です。こうご期待!

ちょっとフライングして、手のひらにスプレーして匂いを嗅いでみると、かつお節のようなマタタビのような不思議な匂いがします。みぃちゃんに手のひらを近づけるとクンクン嗅いでました。