小町ちゃんのトイレ
我が家にはチューチューマウスのユーザ登録のはがきとか、ハンディキャップのある方からの送金免除のための封書とか、ダイレクトメールだとか、いろいろ郵便物が届くので、ユーザ登録が終わると、それらの情報が漏れてご迷惑を掛けない様に片っ端からシュレッダーに掛けてしまいます。特に昔かってユーザ登録したソフトのバージョンアップなどのダイレクトメールは、登録番号とか結構重要な情報が載っていることがあるので、たかがダイレクトメールだと思って安易に捨てないほうがいいですよ。

で、シュレッダーに掛けると結構細かく裁断されて、ふわふわした意外といい感触のかみくずになるんですが、これって猫のトイレに使えるんじゃないかとずっと思っていました。先日、近所のおばさんと立ち話をしていたら、そこの家で飼っているメスの猫のトイレに、新聞紙を小さくちぎったのをズッと使っていて、最近は新聞紙も足りなくなって、お嫁に行った娘にわざわざ持ってきてもらっているという話を聞きました。そりゃ、ご近所のお猫様のことですから、私としても協力しないわけにはいきません。でもなぁ、うちは新聞とるの止めてしまって、提供する新聞はないんだよなぁ。
そうだ!シュレッダーの紙屑を試してもらおう、あの感触は気持ちよいトイレになるに違いない。そう思っていっぱいになった袋をもっておばさんに届けてきました。

おばさん曰く、「まー、こんないい感触ならよろこんでトイレしてもらえるわぁ」
そうだろう、そうだろう。私もそう思う。でも猫さまは小町ちゃんと呼ばれているんだが、小町ちゃんは生まれてこのかたずっと新聞のトイレだったので、もしかしたら気に入ってもらえないかもしれない。でも、この感触だもんなぁ。最高だよ。

数日後、おばさんに会ったのでトイレの様子を尋ねてみたら、「あのねぇ、3日ほどはトイレしてたんだけど、やっぱり気に入らないらしくって、いまじゃトイレの外でするのよ」
あー、やっぱりお猫様の好みは簡単には変えられないなぁ。