そごうの影響
とうとう、あの そごうが再生法を申請して破綻してしまった。私はもともと横浜の人間ではなく、石川県から上京してきた田舎者だったので、初めて横浜そごうの店舗を見たときは、こんなに巨大なデパートがあるんだぁ、とびっくりしたのを覚えている。

そごうは全国に29店舗ぐらいあって、その規模は結構ちがうらしく、店舗によってはスーパーのちょっと大きいのぐらいのイメージしかないものもあるらしい。テレビに頻繁に映るそごうはどこの建物か知らないが、あまり立派そうには見えない。そごうが危ないという話は3年ほど前から、定期購読している週刊ダイアモンドで取り上げられてよく知っていた。それによれば、横浜そごうはそごうグループでも一番の優良店で、99年も30億円ぐらい黒字になっている。ほかに大宮、船橋、徳島のそごうが10億円あまりの黒字で、ほかにもかろうじて黒字の店はあるが、半数近くは10数億円の赤字になっている。
だから、そごうが赤字店を閉鎖して自主再建しても横浜そごうだけは最後まで残ると思っている。

横浜のそごうはすごく大きくて、近くの高島屋や三越より売り場が大きいから、我が家は割と好んでそごうを利用している。駐車場も地下と地上にあるので便利がわりといい。とはいってもデパートでしか手に入らないようなものしか買い物しないのはもちろんだが、そんな中に重要なものが1つある。それは、みぃちゃんが好んで食べるちくわ。
実は昔、そのちくわを買ってみぃちゃんに食べさせたところ大好きになり、そごうに買い物にいくと必ず地下1階の食品売り場に立ち寄ってちくわを買ってくるようになった。
そのちくわは、三重の鯛ちくわ(さしみちくわ)という3本で500円のやつだ。紀文とかのちくわに比べて割高だが、そのちくわは人間が食べても明らかにおいしい(もともと人間が食べるために作られているのだから当然なんだが) でも、買ってきたからといっても我が家の人間はその端っこだけ食べるのを許されている。みぃちゃんは3本のちくわを6日間かけて、夕食前の晩酌のような感じで食べるのである。

最近、缶詰のごはんにかけるホタテせんべいが無くなってきたのだが、やはり塩分摂取量がきになって、ここは1つ、毎週かならずちくわを買ってきてみぃちゃんに喜んでもらおう、と考えたが、毎週買いに出かけるのも疲れるので、このまえ買いに行ったときに、店員さんに通販のような方法で売ってもらえないか尋ねてみた。そしたら、指定口座に振り込んで連絡もらえればクール宅急便で送ってあげますという約束までとりつけた。その矢先にそごうの再生法申請のニュースである。

でもよかった。横浜そごうはいつもどおり営業しているみたいだし、まだ当分、ちくわは手に入りそうである。