キーボード切り替え機
この前、会社の個人用パソコンに新しいのが入った。いままでPenitumPro200で64MBだもんなぁ。これで開発しろっていう会社もどうかしているよ。でも今度はAMDのCPUだけど、これでテストしてOKにしていいんだろうか? Intelは確かめなくてもいいのかな。

で、2台使えるようになったけど、狭い机の上にディスプレィやキーボードを2組置く場所もないのでキーボード切り替え機の購入を考えた。自宅でもNANAOのiSwitchってのを長い間使っているけど、これがまた高いんだよねねぇ。2万数千円したっけな。そのくせキーボードとマウスしか切り替わらなくて、ディスプレィは手で前面パネル押して切り替えてるもの。

ところが量販店にいってみると、意外とこの手のキーボード切り替え機が増えてまして、ディスプレイ・キーボード・マウスのセットで2台切り替え、4台切り替えタイプが各社から出てます。2台切り替えタイプなら1万円台前半で買えます。ほほー、やっとみんな作る気になったかぁ。そりゃ、そろそろパソコン2台3台持っている人がゴロゴロいる時代になったもんなぁ。

とある、お店で今回購入したコレガの2台切り替えタイプが9800円で売っているのを確認、じゃ今度パソコンが入ったらこれを買おう。と実際に買いに行ったら13800円。いつのまに値上がりしているんじゃー、それも隣には同じ箱に14800円と書いてあるぞー。どういうことじゃー。もちろん13800円の箱を手にしてレジへ。

装着してみるとご覧のとおり。

パソコン2台に接続するケーブルが2本ついてくるから、他に用意するケーブルはまったく必要なし。Microsoft NaturalKeyboradもちゃんと使えたし、MicrosoftのホイールマウスもOKだ。ディスプレイも1280x1024まではしっかり映る。箱には1920までいけると書いてあったが誰がそんなCRT持っているんだ?

動作は完璧で切り替え方法はCtrlキーを2回たたくと方法と、本体のスイッチを押す方法がある。なんせ写真のような状態だから、本体スイッチを押すなんでできないので、もちろんCtrlキーを押しているけど、ちょっと問題が。

チューチューマウスもそうなんだが、ソフトでCtrlキーを何かのトリガにしているソフトは結構多いんだけど、意図しないときに切り替わってしまうことが何回かある。気をつければいいんだけど、体がもう覚えているからなぁ。Ctrlキー以外に切り替えキーをREMAPできればいいんだが、説明書には何も書いてなかった。できないんだろうなぁ。

私の好みとしてはF12あたりにして欲しいんだけど。次に作るときは本体のDIPスイッチで何通りかに切り替えられるようにしてくれるとうれしいなぁ>コレガさん