DATドライブ交換

いやー、なんだかお久しぶりですね。皆さん元気してますか。
なんと、3週間ほど前からうちのバックアップ用のDATドライブがとうとう壊れてしまいました。
それは1995年ごろに購入したHP社のHPC1533AというDDS2対応のDATドライブなんですが、なんせ当時はDATドライブ自体そんなに扱っているお店もなく、通信販売で購入したものです。バックアップは毎週1回の割合で採っており、これまで約五年間良く働いてくれました。
ところが、2ヶ月ほど前から電源入れると始まるセルフテストでエラーが出るようになり、それでも電源入れなおしたりすると直ったりしたもんだから、だましだまし使ってきたんだけど、とうとう3週間ほど前からぜんぜん回復しないように。
いざ、バックアップが取れないとなると怖いもんですねぇ。これまで数回DISKが壊れるのに立ち会ったときには、やばい!と思ったらすぐにその場でバックアップを採って大事故には至りませんでした。DISKって壊れるときはアッというまですからね。今日はやけに音がうるさいとか、カリカリいつもと違う音がするとか感じたらすぐバックアップ採ったほうがいいですよ。DISKはパソコンのなかで一番の精密機械だから壊れるときは一気です。
とにかく、こんなヤバイ状態をいつまでも続けるわけにはいかないので、とりあえず重要なファイルは別のドライブにコピーを採り、HPのサポートに修理の依頼ができないか連絡してみました。

私:「もしもし、DATドライブが壊れたみたいなんですけど修理おねがいできますか?」
HP:「型番はわかりますか?」
私:「HP1533Aというやつです」
HP:「それはOEM製品なので買ったお店を通してでしか修理できません。お店に依頼してください」
私:「あぁ、そうですか」

ま、予想はしてたんだけど、HPC1533AというのはOEM用なので直接HPは受け付けないのだ。昔も1度、CONNERのDISKが壊れたことが、ホームページで調べると5年保証となっていたので買った通販のお店(DATと同じところなんだけど)に修理を依頼したことがある。そのときはなんと、CONNERがMAXTORに買収されていて、アメリカ本国まで送り返して帰ってきたときはMAXTORの型番とCONNER時代の型番が2つ付いたまったくそっくりのDISKだった。送料1万円を払ってお店にやってもらったんだが、買った当時は4GB、7200回転、SCSIディスクといえば7〜8万円するものだったから、1万円で直るならやってもらおうという気になった。けど、それからDISKはあっという間にこんな状況でしょ。1万円払って4GBのDISKを交換するなら、新品の8.4GBのATAPIでも買ったほうが安心だよね。

そんな経験があったものだから、HPのホームページで調べてみると、大体DATは2〜3年保証らしい。5年も経ってれば保証対象外、修理を依頼したらいくらかかるんだろう。思い切って新しいの買ったほうが安かったりしない? 実はそんなにDATは進歩していないのだ! いまでもDDS2クラスDATが5〜8万円ぐらいで売られている。う〜っ、なんて進歩の遅い分野なんだ。CPUなんてもう1GHzだぞ。DISKなんか70GBだぞ。同じ値段で5年前の数倍になっているのに、DATはちっとも安くなってないじゃないか。確かにみんなが買うものじゃないけど、半値ぐらいになっていいと思わない。
メーカ各社がホームページ上でオンライン直接販売に乗り出したのが原因だと思ってる。たくさん掃ける機械じゃないから直接売って利益をあげようという戦略が値段の下落を防いでいるんだ。
それより、通販の店にメールしてみたけど1週間経っても返事はこなかった。だよねぇ。会社名も変わっちゃったし、メーカー保証も切れてるもんね。やっぱ新しいのを買おう!

とまあ、HP社のホームページを回ったりしてそんなこんなを考えていたんだが、どう考えてもHP社のは他社に比べて値段設定が高い。もっと安いところはないのか、それも日本で簡単に手に入るところは。と探していたらSeaGate社もバックアップ製品を作っていてDATドライブも作っているのがわかった。HP社より少し安いし、通販で何店か扱っているところがあるのでHP製対SeaGate製で性能比較とか値段とか比べてみたところ、実売価格でHP社のDDS2クラスの値段ならSeaGate社でDDS3クラスが買えるようだ。SeaGate社もDISKでは定評があるのでそれほど悪いものじゃないだろう。どうせ10万円ちかい買い物するんだから1ランク上のDDS3クラスにしよう。壊れたDATドライブはどうせ捨てる羽目になるから電源ケースはそのまま使える。だから内蔵タイプを買って中身を交換だ。これで1万5千円は安くできる。
そんなこんなで選んだのはモデル番号STD224000N-SBだ。SeaGate直販で$805、1$=110円計算で88550円、通販では84000円で売っている。これは安いかもしれない。HP社で同等クラスはHP SureStore DAT24だろう。ところがこのシリーズの内蔵モデルHP SureStore DAT24iの標準小売価格が20万円ときた。ビックリするよ。実売で一番安くて114000円ぐらい。ここは1つSeaGateにお世話になってみますか。お店は初めてだけどSTD22400N-SBが一番安く買えるパソQにしてみた(5月28日は回線工事で不通になるみたい)。注文してから取り寄せに1週間、配達無料で、代引き700円だから結構サービスよかった。あとはいざ壊れたときの対応なんだけど、こればっかりは壊れてみないとねぇ。それより壊れないでね>SeaGate

これから交換の作業風景の説明です。写真をクリックすると大きいのが見れます。

届いた様子がこの写真。最初はビクターのMobile-PCと箱に書いてあったからゲ!なんか違うもの届いてしまった、と思ったが2重に入れてクッションしてあった。よしよし。こういう風に気を使ってくれるとうれしいんだよね。特にこんな壊れやすい精密機械は。
中身はこんなものが入っていた。SeaGateのホームページで書いてあったとおり。実は5インチベイに取り付けるように出荷されているが、マウンタを外してカバーを変えると3.5インチになる。それ用のカバーがついているのがうれしい。マニュアルはホームページにあったPDFそのままで1回読んでいる。ほかにUNIX用の設定説明とアクセサリカタログ。診断用ソフトが入っている。ところがこの診断用ソフトはDOSで動くしろもので、WindowsNTのときはDOSを立ち上げてから使えと。サーバにDOSなんか入っていないよー。
まずは壊れたHPのをケースから取り出して並べてみる。ケースはどこかのメーカ物でHP純正ではない。こうしてみるとDATドライブはどれも3.5インチで作られているんだな。大きさはそっくり。これからSeaGateのマウンタを外して3.5インチ化に取り掛かる。
3.5インチ化されたところ。すごい立派なマウンタだ。こんなに頑丈なのは見たことないな。でも穴位置が固定なので専用に作ったものなんだろう。フロントのパネルも3.5インチに取り替えたので、後ろのHPのとみまちがうくらいそっくりになった。
とりあえず組み込んでケースを閉じる前にSCSI-IDのテストとかやってみる。よく確かめないでこれでOKだろうと閉じてから、ありゃー?ということがあるよね。
残念なことに、元のケースの後ろについていたSCSI-ID切り替えスイッチのコネクタとSeaGateのコネクタ形状が違うので外からID変えられなくなってしまった。ま、どうせテープは6番にいつも固定しているからいいっか。6番に固定することで、いざというとき他のPCにつないですぐにバックアップできる体制にしておくのだ。だから他のPCのSCSI-ID6番はいつもTAPE用に空いている。
問題なく動作するので組み込んでみる。SeaGateらしいというか、ドラムが回りだすときキュィーンと速そうな音を立てて回りだすのだ。仕様をよく読むとDDS2を記録するときは8000rpmで回っているらしい。
結構高速だけどこんなに速いんだっけ。
内蔵バッファが2Mバイトに増えたのでバックアップが速くなった気がする。DDS2で圧縮で1時間かかっていたのが40分で終わった。今度DDS3のメディアを買ってきてもっと速くなるか試してみよう。観察すると最大で2MB/秒でバックアップしている。

てと、バックアップ体制が戻ったのでとにかくそこらじゅうバックアップなのだ。やっと安心して眠れるよ。そういえば、ホームページを回っていてわかったんだが、2000年問題で結構バックアップ市場は儲かったようだ。何が起こるかわからないから、みんなとにかくバックアップに走ったようで、いろんなところでY2Kの文字が躍っていた。もう終わったからまた販売がんばらなくちゃね。でも、簡単でしょう、最近クラッカーが多いから。データ消される前にバックアップを!って