森喜朗が首相ねぇ

最近、またいろんなことが起こって世間が騒がしい。有珠山噴火とか小渕さんが倒れたとか。むかし、サリン事件や阪神淡路大震災があったときも「なんでまた立て続けにいろんなことが起こるもんだ」と不安になったのを思い出す。でも、小渕さんも倒れてみればなんだか可哀相になってくる。世間からいろいろ言われて、なんかビンとこないとぼけたおじさん風だったが、大量の赤字国債つかって一応景気回復させようとしたもんね。

それにしても。だ!あの森善郎が首相になるとは。たぶん、みなさんはよく知らない人だろうが、私は小さいころからよく知っている名前だ。だって、地元の隣町の人だもんね。確か市議会に立候補したときには、そこらじゅうで応援してたっけ。それがいつのまちか顔を見なくなったと思ったら、内閣の中にいて、あんまり目立たない人だったけど、こんな思っても見なかったタイミングで首相だもんねぇ。

じゃ、地元だから応援してるかって? いーえ、あの人が文部大臣になったとき、通っていた金沢大学が角間という山の中に移転するという話が決まって、「あんな道もろくに通ってない山の中にいってどうするんだ」とあきれてしまったもの。金沢大学って昔のお城の城壁のなかにあって、それがまた結構よかったりして県外からも人が集まっていたんだけど。あんな山の中じゃ人気も落ちると思った。繁華街には遠くなるしね。学生相手にしているお店とかは苦渋の選択をしたとか。繁華街に残るか学生を追い求めて山の中に店を移転するか。ほんと、とんでもないことを決めてしまったもんだわ。そんな大掛かりな移転問題がススッと決まってしまったのは、地元出身の森さんが文部大臣になったせいではないかと、みんなうわさしてたんだけど。たぶん、そうなんでしょう。移転はお金かかるもん。

さて、森内閣がどれくらい続くかですが、そもそも石川県の人ってあまり表舞台でバリバリやるタイプじゃないので、首相には向かないと思うんですけど。テレビで見ててもなーんかオットリタイプの人だし。だからといって他に適任者もいないんだよねぇ。それより総理大臣はみんなの選挙で選んでくれないかな。それもインターネットで投票とか。結構おもしろいと思うんだけど。投票率も70%ぐらいいくんじゃないかな。