特許を調べるのも面白い

知っている人は幾度か利用したことがあるかも知れないけど、特許庁のホームページに行くと特許番号とかで特許内容が検索できるサービスがある。ソフトを作る前に特許に引っかかっていないかとか、発表する前に特許申請したりとか、最近よくお邪魔するホームページの1つになっている。

特許っていうと難しそうに感じるが、会社で年に何件か書かされるせいもあるけど、書くのはそれほど難しい話じゃなくって、業種によっては本当に変わった書き方をしているのもある。とくに、製品パッケージに「特許第○○○○○号取得!」なんて書いてあると、へー、どんな特許なんだろうと番号だけ控えてきて内で調べたりすることも。

ねで!最近テレビCMでリーブ21って会社の育毛のがあるでしょ。あれも特許取得ってテレビに出てるので、どんな特許かと思って調べにいったら、要するに低周波の電流をくし型のブラシに流して、育毛剤を活性化して育毛するという装置のことを言うらしい。従来技術では育毛剤を頭につけても頭皮のバリアゾーンなるものに邪魔されてあまり浸透しなかったそうな。ふーん、そうなんだ。
興味があるなら特許・実用検索 1)特許・実用新案公報DBにいって、

文献種別:B
文献番号:2964884

で調べられるから、ちょっと行って見てみたら。

この前もゴールドグリターって車のワックスをホームページ上で見かけて、なんか良さそうなんで買ってきてパッケージに書いてある番号からいろいろ探してみたら、平成7年に特許公開されているのを見つけました。この文面がまたまたおもしろくって、へー、こんな特許の書き方もあるんだー、ってコンピュータ屋がいつも書いている特許とはまったく違う、ちょっと楽しく笑ってしまうような表現でした。下記の番号を特許庁にいって調べると出てきます。

文献種別:A
文献番号:H07-252499

開発したのは元バスの運転手さんで、バスを磨くのは大変だから簡単にキレイにできるワックスを昭和44年ごろに開発して使ってきたそうな。特許の実施例にそんな話がかいてあるんだもん。で、効果のほどは確かなものでして、ちょっと高いワックスですが、水洗いのあと、水分を吹く前にちょっとスプレーしてふき取るだけて結構きれいになります。昨日、雨が降ったあとにひどい風が吹いて、あっという間に車が真っ白になってしまいました。明日洗車するときにまた使おうと思っています。