リフォーム紹介(みぃちゃん編)

長い時間かけて事務所兼自宅のリフォームがようやく終わりました。で、今後の参考のために今回のポイントをいくつか紹介します。まずはみぃちゃんのための工夫です。

いつもの猫ドア猫ドアを閉めたところリビングの猫ドア

昔の家にも自作でリビングのドアに猫ドアをつけましたが、今回は全部屋に猫ドアを最初から作ってもらいました。既製品のドアは高いので、すべてのドアは大工さんの手作りドアです。だから可能になりました。既製品のドアにいきなり穴あけたらちょっとショックですからね。猫ドアの大きさはみぃちゃんの体のサイズに合わせてつくってあります。だから、ひょい!とまたぐ感じで通れるため、まったく無音で部屋に侵入してきます。もしも入って欲しくないときのために、上下に移動する蓋も作ってもらいましたが、いまだに閉めたことがありません。左と中の写真は猫ドアを開けたときと閉めたときの模様です。

リビングのドアは別のデザインのため、四角の1つを抜いてしまいました。これは閉まりません。みぃちゃんの身長にあわせると不恰好なデザインになるため、ここだけは人間の勝手で設計してあります。でも大きめの穴なので、みぃちゃんはヒョイ!とジャンプしていきます。

昔の猫ドアで訓練していたせいか、新しい猫ドアは指導しなくてもいきなり通行するようになりました。やっぱり、みぃちゃん かしこーい!(←親馬鹿の猫馬鹿)

つぎはみぃちゃん専用のトイレです。畳1枚分の納戸のうち、左半分を専用トイレにしました。ちゃんと大小のオシッコ・ウンコ用トイレが並ぶように右に仕切り板が入っています。そしてその上にはみぃちゃんに関する物を専用に収める棚を作りました。買い溜めたトイレシートや猫缶詰はここに保管されます。
オシッコがこぼれても拭けるように、下はビニールの材質です。でもトイレの周りは普通の壁紙なんで、ここもビニールの拭ける壁紙にしとけばよかったかなぁーと思ってます。みぃちゃんが機嫌が悪いとき、このトイレの周りの壁紙にオシッコがピーッとかけられたりします。一時はひどかったのでトイレシートを回りに張り巡らしました、いまは落ち着いてきて汚しません。

こんなところがみぃちゃんのための工夫です。たぶんみぃちゃんが一番喜んでいるのは猫ドアでしょう。どこの部屋も自由に行き来できるので。リフォーム後は細かい粉やホコリがたくさんあるので、人間より低いところを歩くみぃちゃんのために、よくよく掃除機をかけました。人間だってこなっぽく感じてるんだからねぇ。