宇多田ヒカルのVIDEO

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしく。で、年頭の話題は宇多田ヒカルのビデオです。去年の年末に発売された、シングル4曲が収録された「UTADA HIKARU SINGLE CLIP COLLECTION VOL.1」ってやつです。妻が欲しいといったのでオンラインショップで購入しました。
私はなんと、なにかが収録されたビデオを買うのはこれが初めてでして、そういえば、一番最初に買ったレコードは、泳げタイヤキ君だったか、ビューティフルサンデーだったか忘れてしまいました。

このビデオ。シングル4曲(Automatic、Movin'on without you、First Love、Addicted to you)のビデオクリップと、Movin'on without you、Addicted to youのメーキングビデオと、time will tellのボーナストラックが入っています。もう数十回、とくにAddicted to youは100回ほど観察しました。で、まず気づくのがだんだんお金がかかっているなぁー、ってことです。

最初のAutomaticなんてよくみたら、3通りのカメラアングルしかなくって、それもカメラは固定で動きません。巷で「なんか天井の低いところで踊っているねぇ」という感想もあったのは、じつはお金をかけてないので、中間のカメラアングルに全身を入れるためにしゃがんで踊っていたのが真実ではないかと。なんたって、15人のスタッフにはカメラアシスタントもいないし、スタイリストも入っていません。うーん、本当にお金かけずに売れてしまったわけねぇ。

2曲目のMovin'on without youは、ちょっとお金をかけて、カメラワークも入り、CGもついて、セットもちょっと豪華になりました。スタッフも倍の30人ぐらいに増えています。でも、まだまだお金かけてない部類です。

3曲目のFirst Loveでは、たくさんのダンサーが入り、スタッフも50人になり、ビデオ効果もよく、ライトもうまくつかってよい雰囲気に仕上がってます。これぐらいが普通のお金のかけ方なんでしょう。

最後の新曲のAddicted to youはすごいですよぉ。香港にいって映画用のでっかいスタジオにでっかいセットを作って、カメラも35mmの映画撮影と同じだし、撮影スタッフも香港人がほとんどだけど、きっと映画撮影のスタッフだと思います。たぶん、Automaticの数十倍とか100倍単位のお金をかけてます。それもたった1年間の間にこんなに進展してしまうなんて、すごいですねぇ。

1つ疑問が残るのが、彼女のなんとなく踊っている振り付けは、自分で考えて自然に踊っているのか、それとも振付師いて、振りをつけているのかということです。振付師がつけるほどの振りではないんだけど、うまく歌詞にあっていて、詩も曲も書いた上に振り付けまで自分で考えているとなると、益々すごい16歳だと。
ところで、振付師のこと、英語でChoreographerって言うらしいのだけど、これって「ちょれおぐらふぁー」って発音するのかな。なんか変な感じ。4曲目にはKung Fu Choreographerというスタッフが一人いるんですが、これって「カンフー振付師」ってこと? でもカンフーの振り付けらしいものはどこにもなかったような。たまに映るシルエットのダンサーの振り付けがカンフー味なのかなぁ。