自宅にLANを張り巡らす

いま事務所兼住宅の改装中です。パソコンを持っている方はリフォームや新築計画したとき「各部屋にLANを引こう」と考えたことは一度や二度はあるでしょう。LANを張るには、どの部屋にLANの挿し込み口を付けるか、どこにHUBを置くか、線は10BASE‐Tにするか100BASE‐Tにするか、など、いろいろ決めることもありますが、決定的に「誰に頼めばやってくれるの?」という大問題につき当たります。「いやー、この時代、インターネットが大流行なんだから、リフォーム会社に相談すれば一発解決なんでしょ!」と私は思っていました。そしてどこのリフォーム会社でも、施工例があるものだと思っていました。

ところが見積もり時、リフォーム会社3社ほどにLANの件を相談しましたが、「うちではまだやったことありませんね」という返事。えー、最近はマンションとかにインターネット完備みたいな物件もあるのになぁ。去年マンションを購入した友人は、「内装の設計時にLANは引けるように、部屋の間に管は通してあるから、時期がきたら線を通そうと思っている」という。なるほど、LANが簡単に引けるように管だけ準備しているわけね。

さて、自宅のLANはどうなったかというと、最初はコンセントや電話の作業をしてくれる電気屋さんに頼みました。電気屋さんもLAN工事はしたことがなく、LANのケーブルを見せてもいまいちピンと来ていない様子。RJ45というコネクタで線が8本繋いであって、要するに電話線の高級版ぐらいにしか考えていません。私もとりあえずコネクタと線さえ繋がっていればなんとかなるかと思いましたが、私の引きたいのはカテゴリ5の100BASE‐T。とある会社のLANの世話をよくしている友人に相談したところ、「カテゴリ3の10BASEぐらいまでなら素人が結線してもなんと使えるが、100BASEとなると、10本繋いで1本ぐらいしか使いものにならない。」と言われました。素人が繋いだ100BASE‐Tは、電気が通るだけで。特性が悪く、エラーパケットがいっぱい出て、ぜんぜんダメだそうです。

さー困った。要するに100BASE‐Tに使えるカテゴリ5の線をを引くなら専門のプロにお願いしないとダメか。その友人の会社のLAN配線を任せている会社に、個人宅の小さい工事が頼めるかあたってもらったところ、これまで個人宅の工事はやったことないが受けてもらえることになりました。その会社は「IKENO 池野通建株式会社」です。担当していただく鶴田さんは、なんとチューチューマウスのユーザという。うぉっ、ちと恥ずかしい。

建築図面から拾ったケーブル長は約70メートル、あらかじめ100メーター巻きのケーブルを建築現場に送ってもらい、電気屋さんに部屋の間を通してもらって、あとは末端の処理をするだけの状態まで準備してからIKENOさんに来ていただきました。

ほかの部屋から4本、コンピュータ部屋内で4本、合計8本をコンピュータ部屋の1ヶ所から8ポートのHUBに短いパッチケーブルで電話と壁のモジュラージャックを繋ぐような感じで接続できるように配線してもらいました。各部屋には一見すると電話の挿し込み口のようなプレートがついて、そこにパソコンを置いてケーブルを挿し込めばすぐにLANが使えるという状態です。

作業にかかった時間は二人でおおよそ2時間、最後に壁に埋め込まれた1本1本のケーブルの特性を専用の高そうな機械を使ってチェックします。見積もりではケーブルと作業料金まとめて約10万円、といってもほとんどが作業代でケーブル代はおまけのようなものです。すでに管にケーブルが引いてあり、末端の処理だけで済んだので安いようです。配線用の管が通ってないとか、まったくとおり道がない場合にはもっと高くなるということです。

まだ、改装が終了していないため実際に運用していませんが、この程度の料金で全部屋にLANが奇麗に引けて見事目的は達成されました。感謝、感謝です>IKENOさん。

このことをホームページに書くと問いあわせがあるかもしれないから、これからも個人宅の仕事を引き受けてもらえるか確認してもらったところOKとのと。もし、自宅にLANを引きたいという方は、下記までご相談ください。

IKENO ネットワーク本部 通信システム部 鶴田さん
電話03(5375)8439

ホームページはここ