IntelliMouse Explorerはデカイ
やっと噂のIntelliMouse Explorerを買うことができました。発売の記事をみてからことある度にパソコンショップを覗いて入荷のチャンスをうかがっていたのですが、この手の初物は良く売れるらしくって、いつも陳列棚は空の状態です。きょうは風邪をひいてのどが痛いので、会社を休んで買い物に出かけたら、運良く手に入れることができました。すでに、各雑誌などでいろいろ紹介されているので、私個人としての感想に焦点を絞って紹介したいと思います。
1.でかい
噂どおり本当にデカイです。写真の左は普通のホイールマウス。右がそのIntelliMouse Explorerです。ホイールマウスでも日本人の手には大きな方なので、手の小さな女性の方には大きすぎて微細な動作ができません。
あと、マウスボタンもカチカチという動作でなくて、フニョフニョというキーボードみたいな感覚なので、あまりボタンを押すという感じがしません。
銀色のボディーで、PCの電源を入れると入れるとお尻が赤く光るのは、夜見るとちょっとかっこいいかもしれません。でもマウスは見た目より使い心地だよねぇ。
初期のMicrosoftマウスが生産中止になったとき、あのカッチリした動作が好きで、いくつか買い溜めした人には、うーんん、です。
2.裏はキレイ
裏返すと赤いスケルトンのプラスチックです。真中には赤い光の発光ダイオードと、その反射光を拾うフォトダイオードが真中にあります。電源ON状態でいつも光っており、お尻の部分にはデザイン用と思われる赤いダイオードが1つ入っています。これはセンサーとは関係ないようです。
動きを拾うダイオードはマウス本体が動くと、輝度が上がってとても明るくなります。動かさないと1秒ぐらいして暗くなります。明るいときは結構電気くうみたいで、それに直接見るととてもまぶしいので、あまり裏返して見ないほうがいいでしょう。中にはたくさんの部品が透けて見えます。
偽造防止のホログラムシールも貼ってあります。
3.サイドボタンはちょっと便利
一番きになる親指が当たる部分に大小のボタンがあり、デフォルトではExplorerの進む、戻るに割り当ててあります。まー、チューチューマウスのIEナビを開発した私としては、また真似されたかって感じなんですけど、専用のボタンなので動作はまあまあ正確です。でも大きいほうの戻るボタンはまだしも、小さいほうの進むボタンは押しにくくて使えません。もっと親指が長かったら押せるけど、そんなに親指って器用じゃないんだよなぁ。この程度なら9800円だす価値はちょっと首ひねる状態です。

それより、ホイールに縞々の溝が入って滑りにくくなりました。普通のホイールはゴムで、汗をかくと滑ってまわしにくかったんですが、このホイールは良さそうです。でも動きが悪くなったら削るという方法は使えそうにありません。

4.USBとPS2って互換あるの?
なんと、このマウスは基本はUSBポートにつなぐマウスです。でもいつものPS2コネクタにつなぐための変換コネクタがついています。えー?USBとPS2って電気的に互換性あるんだっけ?それともこの変換コネクタがすごい変換してくれるのかな。とにかく私は普段PS2ポートにマウスをつないでいるので、変換コネクタをつけて動作させました。USBってよくわかんないんだよねぇ。
WindowsNTでもサポート甘いし。
5.直接つなぐべし
私は2台のPCを一組のキーボードとマウスで切り替えながら使っています。切り替えはEIZO(NANAO)のiSwitch S1という切り替え機を使っています。なんと、この切り替え機経由ではIntelliMouseExplorerと認識してくれず、サイドボタンがない機種までしか選択できません。直接つなぐとIntelliMouse Explorerを選択できるところからすると、切り替え機経由ではなにか信号が足りないか、完全にエミュレートできないようです。これではただのホイールマウスとしてしか使えないので、会社のマシンでしばらく使ってみることにしました。
6.実はIntelliEyeは誤動作する
この光学式センサーはIntelliEyeと言われています。ボールがなくて表面が凸凹しているものならなんでもOKというふれ込みですが、実際に使ってみると変な症状が起きます。正直に言いましょう。

まず、マウスパッドを選びます。ボールがないからマウスパッドなんていらないジャン!という意見もあるでしょうが、マウスで微妙なタッチをするときは、マウス本体が滑らかに動かないと、いくらボールがなかろうと良い操作ができません。だから直に机にマウスをおくのは別として、たぶんマウスパッドを今までどおり敷いて使うことでしょう。ところが、マウスパッドの表面は固いプラスチックやメラミンでコーティングされているので、このテカリがある表面はIntelliEyeは苦手です。表面に手アカがついたマウスパッドでは、その手アカ付近を毎秒1cmぐらいで動かすと、マウスの移動とは反対方向にカーソルがツツッと動くことがあります。最初は、ドライバがうまく動いてないかとか、接続がわるいとかいろいろ疑いましたが、ある速度で、あるマウスパッドの領域を行き来すると結構な確率で発生します。うっそー!こんなんで仕事できるかよ。
確かにジーパンとか手のひらとかでも移動を感知する、けどマウスパッドでこんな妙な動きが起きるなんて信じられない。マウスパッドをはずして直に机の上で動かすと誤動作しない。でもマウスの動きがスムーズじゃないんだよねぇ。

7.買ってみる?
総評は、確かにあたらしい技術であることは間違いないが、微妙なタッチで誤動作するし、値段はちょっと高いし、でも光るのはきれいだし。あたらしもの好きでお金に余裕があるなら買ってもいいが、他に買うものがあるなら、そっちを優先させたほうが。。。って感じかな。組み合わせるマウスパッドは表面がピカピカでない布製がお勧め。