手書き VS キーボード

私は2台のWindows CEマシンを所有しています。1台目は自分で買ったCASIOのカシオペアA−51です。これは横形の画面でキーボードも小さいながらついています。最初のWindows CE 1.0のときはこれでもかというほど遅くって、所詮こんなもんだよなぁ、とあきらめていました。でもWindowsCE 2.0にROMをバージョンアップしたら、急にキビキビ動き出して、OSが違うだけでこんなにスピードに差が出るものかとビックリしてしまいました。

2台目は去年の年末に窓の杜が行った投票で、チューチューマウスが大賞に選ばれて、その副賞として頂いた、パームサイズのWindows CE 2.0です。キーボードなんかあってもつかわねーよー、小さいキーボード無し版のWindows CEがあったらもっと携帯性がよくなって便利なのになぁ。と思ってた私にはピッタリんの代物です。この前、「最近あった話題」に書いた3本の記事は、このキーボードのないマシンをペンで操作しながら、移動中の揺れる新幹線の中で書いたものです。結構認識率がよくなったペン入力はいえ、1本書き上げるのに一往復かかりました。小ささにひかれてずっとこのマシンを使っていたんですが、放っておかれたキーボードありWindows CEマシンの電源をなんとなく入れてみたら、メモリバックアップのボタン電池は切れていたので、交換してあげたついでに、ちょっとキーボードでも入力して、入力するのはどっとがらくかテーブルの上でこの記事を書いて試しているところです。

やはり、両手が使える分、圧倒的にキーボード入力が速いですね。3倍ぐらいのスピードが出ていると思います。でも、揺れないので小さいキーでも意外と打ち間違いが少ないだけかも知れません。揺れると手書き入力の法が有利な可能性はあります。それは実際に揺れる新幹線の上でこの続きを書いて試してみましょう。

今日は日が変わって11月2日、明日は文化の日で祭日の影響なのか、乗客の顔ぶれも違うしとても混んでいます。いま三島駅を出発しました。そういえば昨日の低気圧はすごい雨と風を持ってきましたねぇ。道路は落ち葉とゴミだらけだし、車のタイヤは踏まないところは轍になっています。落ち葉は滑るので早く掃除してくれないかなぁ。そうこうしているうちに熱海につきました。熱海駅の周辺を見て、いつも思うのですが、熱海は深い入り江になっていて、津波がきたらすごい高さに発達しそうな湾の形状をしています。伊豆近海は地震が多いからちょっと心配ですねぇ。また、そうこうしているうちに熱海駅を出発しました。
こうしてキーボードで入力していると結構いけるもんです。座席の背凭れを倒して、足は前の席にちょっと引っ掻けて、膝の上にPCを置いて両手で入力するというスタイルです。テーブルの上で入力すると、体の揺れとテーブルの揺れが同期しないものだから、指が小さいキーの上を飛びまわってうまくありません。また、そうこうしているうちに小田原につきました。

きょうはなんだかいろんなところに変化はあります。まず、いつもの立ち食いソバ屋のおじさんがいなくて、女性二人に変わっていました。一人は新人んpもう一人に仕事を教ええいるふうな感じです。あの人のよさそうなおじさんは昨日で定年退職したんでしょうか。それから、新幹線の社内放送の声も女性です。今日の車掌さんはもしかして女性? 11月で人事異動があったんでしょうか。さて、小田原駅を出発して、つぎは終点の新横浜です。

結論からすると、座って両手が使える状況ならば、揺れる新幹線の中でも、ペン入力よりキーボード入力のほうが断然速いということです。もうすこしキーボードが大きな方が入力しやすいですが、携帯性から考えて我慢してあげることにしましょう。

ちょっと気になるのは、隣の他人から入力している画面が見えるんではないかなぁということです。やっぱり、書いている文章を見られるものは恥ずかしいもの出し、会社の機密資料をこうして携帯PCで開くのも気が引けます。ノートパソコンの画面にシートを貼って、専用の偏向サングラスをかけると、自分しか画面が見えないという商品もありましたっけ。アメリカでは国内の移動中にビジネスマンが大きなノートPCを開いて資料を見たり、なにか文書を作っている光景をよく目にしますものね。日本のノートPCにもそんなオプションが用意されているものってありましたっけ。