DATクリーニングテープ

週一回のデータのバックアップにDATを使っているのですが、時々クリー二ングテープを使ってヘッドを掃除しなければなりません。そのための専用クリー二ングテープがあります。もう3年ぐらい使っていて、「短いテープなのでそろそろ終わるなぁ。そしたら巻き戻して2回に入るんだなぁ。」と思ってたら、先日テープが終わりました。

「さて、巻き戻してと。ん?どーやって巻き戻すんだ?だってバックアップソフトには巻き戻しボタンがないじゃん。ドライブにももちろん無いし。」自動的に吐き出されたテープを何回ドライブに差し込んでもまた吐き出されるの繰り返し。そこでやっと気がついた! 「もしかしてクリー二ングテープって使い捨て?そんな〜。これ秋葉原にわざわざいって3500円も出して買ってきたのに」 諦められない私は、テープの蓋やリールを押さえている爪を器用に押さえながら、ボールペンの先でクルクル巻き戻したのでした。

ところがです。一回使ってしまったテープはクリー二ング効果が薄いんです。ドライブのヘッド掃除ランプがピカピカするので、そのテープを入れると、そのときはランプが消えるものの、バックアップを始めると書き込みエラーがだんだん多くなって、すぐにまたランプが点滅。何回やってもこんな調子なんで、ぜんぜん捗りません。諦めて会社の近くのビックカメラで新しいのを千五百円ぐらいで買ってきました。え〜昔はもっと高くて売っている店もほとんど無かったのに。こんな苦労するならサッサと買えばよかった。

ところで、私の持っているDATテープのメーカーには、3M製とマクセル製があリます。3M製は90m長で、マクセル製は90m長と120m長です。気のせいかも知れませんが、マクセル製より3M製の方が繰り返し永く使えるような気がします。20回ぐらい上書きして使うと、マクセル製の方が早くエラーが出るようになって、ダメになる気がします。マクセル製はすでに10本ほどダメになって捨てましたが、3M製は5本ぐらいしか捨てた記憶がありません。やっぱり3Mの方が上手なんでしょうか。この前買ったクリーニングテープは富士フィルム製でした。クリーニングテープじゃ比較にならないな。

そろそろDATに変わる新しいバックアップ媒体が登場してもよさそうですが、なかなかいいものがありませんねー。容量は10GBぐらいで、書き込みが速くって、媒体が安くて手に入りやすいもの。今は容量の点でDVD‐RAMが一番近いですが、あまり書き込み速くないみたいだし、テープデバイスでないからNTのバックアップリフトも対応してないし。DDS2規格のDATは圧縮しながら、毎秒1Mバイトも処理してくれるので、それを上回ってくれないとねぇ。DVD‐RAMってどれくらいのものでしようか。ためしに買うには値段が高すぎる。