メモリ高騰の影響

事務所の改装でWebサーバの止まっているこの機会に、サーバを強化しようと前々から計画していたので、この前パーツを買いにいきました。しばらく強化しなくても大丈夫なように、この際だからDual CPUでしょう!するとA-BITのBP6かな?スタンバイで電気を食いすぎるとかPCIの3番とAGPの割り込みが一緒だとかうわさを聞きますが、年中電源ONのWebサーバなら関係ないでしょう。セレロン400MHzなら8千円も出せば買えるし。ディスクも2万円も出せば10GBは買えるし。

ところがお店にいってみると、セレロン433や466は2台揃うのに400だけ品薄で2台揃わない。やっぱりなぁ、400ならクロックアップしやすいもんなぁ。ところが例の台湾地震と年末の影響でメモリが高騰。半年前の値段を見たら買う気なくなっちゃう、って感じ。それでみんな自作マシンの組み立てを控えたものだから、この前行ったときにはCPUがどっさりショーケースに入っていました。ラッキー!

メモリは買うのよして別のマシンから抜いてくることにしょう。ケースはiマックの影響で、最近竹の子のように増殖中の蓋だけスケルトンタイプ。スケルトンが欲しいわけじゃないけど、安いケースはみんなスケルトンなんだよねぇ。で、なんとか一台完成しました。 最近のCPUの性能アップを見ていると、八イエンドCPUに飛びつく気がしないんだよね。次から次へと出てきて、ローエンドはすぐ一万円を切っちゃうし。だから最近は、消えていきそうでクロックアップが簡単なCPUばかり目が行っちゃう。そういう意味では、セレロン400以降は当分安くてクロッロアップが簡単なCPUは出てこないかもしれない。そしたら500が一万円を切るのを待つだけか。