スターウォーズ見てきました

9月1日は映画が1000円で見れる日です。毎月1日は映画が1000円で見れる日らしいです。もしかしたら横浜だけかも知れませんけど、とにかくいつもより安く見れるのでありがたいことです。

7月だかに封切られたスターウォーズをやっと見に行きました。封切り近辺は大変な混みようだろうし、9月1日なら夏休みも終わって学生も少なく空いているんではないかと思ったからです。でも割と席は埋まっていました。やっぱりスターウォーズだからかな、それとも1000円だからかな。

確か中学生のころだと思うけど、スターウォーズ1がはじめてやってきてそれはすごいと思いました。だっていまから20年ほど前にあれだけ宇宙を格好よく描いた映画は他になかったし、理屈抜きですごいなぁ、と感動しました。それからというもの、スターウォーズ2,3も映画館まで見にいきました。

スターウォーズをよく考えてみると、あの光るサーベルは日本刀の立ち回りだし、ダースベーダーの着ているのは鎧兜だし、結構日本の影響を受けてるなぁと思ったら、今回のエピソード1の偉い女性もずいぶんと日本髪だとか芸者だとか影響受けてたですねぇ。いまアメリカでは結った髪に日本の塗りバシを刺すのが流行っているとか。

スターウォーズで一番関心するのが、人が死んでも血を見ることがないことですね。○○星人とか人じゃない生物もたくさん出てきますけどね。だからどんなに戦っても気持ち悪いシーンってほとんどない。最近のはちょっとグロテスクなくらいに気持ち悪い死に方をするシーンって多いでしょう。あれって心臓に良くないと思うんですよ。

エピソード1は前3作より古い話のはずなのに、絵もきれいだし、CGも良くできてるし、話は古いはずなのに絵は古くない変な感覚を少し覚えます。そういえば、次のエピソード2からは全部デジタルカメラで撮影するそうで、そうするとCGとの合成も簡単になるし、なにより映画配給会社が楽になるんだとか。
いまフィルムで映画を撮影すると、コピーを作成して全世界に配送するのにとってもお金がかかるんだそうで、デジタルカメラで取った映画なら、衛星回線とかでピューンと送信できるから、すごい安上がりだそうです。でもそのデジタルを上映するために映画館は1千万円以上の設備を投資する必要があるそうです。
ま、そこでスターウォーズのような超!人気映画を理由に映画会社もデジタル映画を一気に普及させたいんでしょう。

映画には私と妻と友人夫婦4人で行ったんですが、私以外の3人はこれまでの内容に詳しくないみたいで、妻が「あれはどうなるのかなぁ」と言っているのに口出しすると、ストーリーを話すなと叱られます。というわけで見に行くときは全員で知識レベルを一緒にしてから行くことをお勧めします。