みぃちゃんのイボ事件

このまえみぃちゃん先生のところへ行ったときに、「猫はもともと腫瘍はできにくい動物だから、もしイボとかできたらほとんどが悪性である可能性が高い、だからイボを見つけたらすぐ見せに来なさい」といわれた。ふーん、イボができないのかぁ。あんまり見ないもんなぁ。と1週間ほどたったある日。

散歩に出かけようとして、玄関のドアの前でいつものように紐を腕に通していた。そしたら右腕の中ほどになにやらポッチと当たるものが。そこで、みぃちゃん先生のあの言葉が頭を過ぎった。もしかしたら左腕にはないかもしれない、すぐに左腕の同じ場所を探った。見つからない。これは右腕にしかない。
すぐにみぃちゃんをゲージに入れて妻と一緒にみぃちゃん先生のところに向かった。
みぃちゃんはすぐに事情を察して大声でミーミー泣いた。でもそんなこと構ってられない。悪性の腫瘍だったらどうする!

みぃちゃん先生の診察室に入った。

先生:「どうしました?」
私:「いえ、このまえ言ってたイボみたいのがあったんで」
先生:「どこですか?」
私:「右腕の中ほどです」
先生:「左腕にもないか見てみましょう!」
私:「さっき見たけどないんです」
先生:「左腕にも同じところにありますねぇ。」
私:「げっ!うー、あー、おかしいなぁ、さっきはなかったんだけど。災難だったね、みぃちゃん」

どうやら肘のなにからしいのだが、みぃちゃん先生もよくわからないらしい。でも同じ場所に対象にあるものはまず腫瘍ではないとのこと。せっかくなので注射のノミ退治薬を打ってもらって帰宅しました。
悪いね!みぃちゃん、2週続けて嫌いなとこ連れて行って。