8倍速CD-Rライタを買った

二年ほど前にYAMAHA製のCD-Rライタを購入した、当時4倍速書きこみ、6倍速リードの製品だったが、6万円台だったと思う。それでもまだ持っていないデバイスだったから、ちょっとぐらい高くても仕方ないと思ってた。実は自分は仕事で8年ほどまえに(もう結構昔のことなので何年前かも忘れてしまったのだが)CD-Rライタ用のソフトをMS-DOS(もうそんなOS知らない人も大勢いるだろうなぁ)上で作っていたのだ。

当時のCD-Rライタはすごかった。ライタが200万円とか平気でしてた。でもやっとCD-ROMが出始めたころだからゲームメーカーが割合良く買ってくれた。もちろんCD-ROM版ゲームを作って自社で焼いてテストするため。CD-Rメディアも1枚3千円もしたけど、ソフトのテストできっと200枚ほど焼いて捨てたかな。ケースだけはもったいないので取っておいたらリクルートにきた大学生にあげたら喜んでいたっけ。そりゃケースも1つ100円はしてたから。ライタに焼くときはハードディスクに一旦データを溜めるんだが、当時160MBぐらいが主流だったから、300MB×2台=300万円も結構システム価格を占めていたっけ。それがまあ、CD-ROMドライブと一緒な大きさで五万円で8倍速が買えるとは時代も進んだものだ。だがCPUやHDDの大容量化に比べればまだ進化は遅いほうだとおもう。もっと大衆デバイスになれば1台二万円も無理じゃないとおもうし。

当時、CD-Rメディアの耐久性がどれくらいかみんな疑問に思っていた。CD-Rのうたい文句は「文書やデータを焼いておけば間違って消すことはないので重要文書のバックアップに最適です」 焼いたデータがどれくらい持つか誰も分からず、展示会で太陽誘電(当時、日本唯一のCD-Rメディアメーカ)の人に聞いても、「さー、どうでしょうねぇ、加速試験はしてますけど、10年ぐらいじゃないですか」 そんな、10年で消えてしまうなんて誰も知らないよ。ある日CD-Rを読んでみたらリードエラーなんて、ちょっと洒落にならないよね。 事実、太陽光線を浴びせると、数時間で読めなくなることも実験で分かった。暗いところなら10年は持つらしい。いまのメディアはもう少し改良されて、数十年は大丈夫じゃないんだろうか。でも写真フィルムのように定着処理とかないから、ちょっとずつ感光してゆくんだろうな。

さて、初期のころのCD-RライタはゲームCD-ROMのテストのために使っていたんだが、いまみんながCD-Rライタを買う理由はもちろんそんな目的じゃない。自分でYAMAHAのCD-Rライタを買って半年ほどしてから、初めてCDのコピーができるとこに気づいたときは少々ビビった。なんでまたこんなことできるようにしちゃうかなぁ。どーなっても知らないよー。昔はDATもデジタルコピーできることが問題になってもめているうちに埋もれてしまった。DATって知ってる?今じゃコンピュータデータのバックアップ目的のほうが有名かもしれない。デジタル・オーディオ・テープのことなんだけど。MDはサンプリング周波数が違うので、CDから直接デジタルコピーできなくて、さらにCDよりは音質が劣るとか少しマイナーなイメージがあるって理由で出足は悪かったけど、いつのまにかこんなに流行してしまった。そう言えば、MP3のデータをホームページで公開していた人が警察につかまったっけ。

CD-Rを何に使うかだが、うちではデジカメのデータを保存するとか、ちょっと永久保存しておきたいデータが発生すると、まとまった単位で焼くようにしている。最近はちょっと面白い趣味(?)のデータを焼くことが増えている。書類のやり取りとかで切手をよくかうんだが、どうせならキレイな方がいいから記念切手を買う趣味を妻が始めた。でもそのうち使ってしまうのでコレクションはできない。じゃ買った記念切手をスキャナでスキャンしてデジタルデータにしてCD-Rに焼いてコレクションしようという趣味だ。この切手収集についてはまたの機会に紹介することにしよう。

そうそう、どうしてCD-Rの話題になったかといえば、先日最初の6倍速ライタの調子がだんだん悪くなって、書きこみ成功より失敗でメディアを捨てる割合のほうが多くなったので、いっそのこと新しい8倍速でも買って、本当に8倍速で焼けるか試してみようという趣旨だった。ん、もったいない?確かにもったいないのだが、CD-Rライタの寿命は以外と早く、一旦調整が狂ってしまったのを直すのは結構高くつくという経験があったから。たぶん、Mr.DATAとか安いメディアを入れて焼いたときにレーザの調整やトラッキングサーボがガリガリいって調整が来るってしまったのが原因だと思う。8倍速ならどこでもよかったのだが、市場はプレクスターとTEACが8倍速ではメジャーらしい、老舗のYAMAHAは倍速競争では少し遅れているような気がしたので、今回はTEACのCD-R58Sを採用しているI/OデータのCDR-TB824にした。内蔵型SCSIのドライブで、値段も横浜のヨドバシカメラで4万8千円ぐらいだったと覚えている。

さっそくサーバマシンに組み込んでいきなり8倍速で焼いてみたがすんなりと焼けてしまった。やっぱ中間バッファが4MBあるってのが安定動作の秘訣なんだとおもう。勢いついでに切手をスキャンしたファイルを焼こうとおもったら、マスタリングソフトのEASY CD CREATORってのは日本語のファイル名を扱うのが苦手のようで、長い日本語名のファイルがみんな8.3形式に変換されてしまう。いままれ慣れてきたアプリックスのWinCDRのほうが操作が慣れているから、そっちをインストールしてみたが、このTEACのライタは認識しなかった。どうやらYAMAHA製のドライブしか認識しない仕組みらしい。そりゃそうだよね、そうでないとアプリックスも儲からないし。でアプリックスのWWWによってみたらBitCashというプリペイド形式のオンラインキャッシュで最新のWinCDR4.01bにアップグレードできるらしいので、さっそくBitCashなるものをクレジットカードとFAXで注文してみた。で届いたカードでアップグレードした話しもまた次の機会に紹介しましょう。

そんなこんなで、ながながと書いてしまったが、8倍速ってのは本当に8倍速で焼けるからすごいと思ったというお話でした。CD-ROMって読むのは簡単だけど、焼くのは大変なのよ。ほんと。