地球外知的生命体探査プロジェクトに参加する

地球外知的生命体探査プロジェクト。なんだか面白そうな話しである。ちょうど、このまえWOWOWで放送していた「コンタクト」という映画を思い出させる内容だ。電波望遠鏡の膨大なデータを、インターネットで繋がった地球上のコンピュータで分担して解析して、地球外知的生命体からの信号を捕らえようっていうのだから。映画では女性が熱心に電波望遠鏡で捕らえた音を耳で聞いていたが、ああ簡単には見つからないのが実際のところなんだろう。

ところで、このプロジェクトにはインターネットで繋がるPCを持っている人なら誰でも参加できて、すぐに始められる。ちょうど、うちのWEBサーバもずっとインターネットに繋がっているから好都合だと思い、その解析に必要なプログラムをダウンロードしてインストールしてみた。これが計算中のプログラムの画面だ。

ずっとインターネットに繋がっている必要はなく、数百KBの解析データをダウンロードして、解析終了後にアップロードするときだけダイアルアップで接続するということもできると思う。このVer1.0ではHTTPプロキシを通して会社のPCなどからでもアクセスできるのだが、ポート80以外のプロキシには対応していないバグがあるということで、いま利用できるひとはちょっと少ないかもしれない。(Ver1.1では直るそうだ)

画面で読み取る限り、0.407%を解析するのに22分28.2秒も掛かっているから、全部解析し終わるには約4日かかるらしい。まあ、このプログラムが走っているサーバのCPUはCyrixの266MHzだから、最新のPentiumV-550MHzなら1日でやり遂げてしまうかも知れない。プログラムは手動でずっと走らせていてもいいし、スクリーンセーバにして使っていないときだけ走らせる方法でもいい。どちらも計算でもいつでも止められし、また止めたところから続きを計算することができる。

地球外知的生命体探査プロジェクトのホームページではこれまで解析されたデータのうち、強い電波、たくさん計算した人、参加国別、マシン別、OS別などいろんなランキングが毎日更新して発表されていて、運良くそれらしい電波をキャッチしたりするとそのランキングに載ることもある。ま、こののんびりマシンでは解析レースの上位に入ることはまず無理だろうが、もしかするとなにかキャッチしてランキングに載ることもあるかもしれない。

計算中はもちろん電源を入れておく必要があるから、たまにしか電源を入れないPCユーザにはあまりお勧めしないが、暇そうなWEBサーバもっている人は試してみたらどうだろうか。