HDDが凄いことになっている

最近のHDD大容量化は凄いことになっている。20GB以上の3.5インチドライブが4万円台から買えるなんて数年前ならだれも考えなかっただろうことが現実になってしまっている。ちょうど、うちのサーバのディスクが手狭になってきたので、ちょっと増設を考えてみた。実は大切に保存する必要のあるデータはほんの数GBほどで、あとはCD-ROMチェンジャー代わりにCD-ROMを丸ごとコピーして使っているような妙な使いかたなので、ちょっと開発用CD-ROMが増えたりすると古い使わなくなったデータを消してはいたのだが。

さて、問題は20GB以上のHDDが本当に全部認識して使えるのだろうかということ。ご存知のかたもいるだろうが、むかし、540MB以上のHDDを全部認識して使うには、E−IDEインターフェースのが必要であったように、インターフェースごとに認識できる容量の壁がある。いまのE−IDEと呼ばれるものは8.4GBが壁のはずで、これ以上は認識できないはずなんだけど、どうしてこんなに巷に10GBとかそれ以上のHDDが氾濫しているのか理解できない。IEDをE−IDEに化かすようなDiskManagerのようなものが必要だともちまたの雑誌にも書いてあったりする。まあ、そういう解決方法がないとこんなに出てくるはずもないから、それはいいとして、問題はうちのサーバはPentiumPro-200MHz全盛時代のふるーいマザーボードたということだ。確かにE−IDEではあるものの、もちろんUltraDMAなんてついていない、Tyan社のPentiumPro200MHzが二基乗っかるやつ。うーん、ま、認識してくれなくても最近マザーボード替えた、A-BITのマシンもあるしなんとかなるか。そう思って横浜のソフマップにいってみた。

うーん、CD-ROM代わりだから、一番1GBあたりの単価が安くて、でも20GBオーバーのディスクがいいな。そう見比べて決定したのは、IBMのDJNA352030という、20.3GBで5400回転で、39799円なり。1GBあたり1960円のしなもの。逆にいえば、一万円で5GBも買えるわけで、なんともすごい世の中になってきたものだ。そういえば、最近メモリもまた暴落しているそうで、128MBで1万2千円ほどだとか。帰りにDOS/Vパラダイスによってみたら、確かに1万4千円ほどで売っている。うーん、これまたどうなっていることやら。1枚買い足してコンパイルマシンを256MBにしてあげることにした。

で、IBMのディスクをサーバにつけてみたのだが、案の定、BIOSでは8.4GBまでしか認識しない。それもほかのHDDとの組み合わせがわるいのか、IBMのディスクをつけるとブート用のHDDを読み取ることができなくなり、WidnowsNTが起動できなくなってしまう。困った。IBMのディスクのジャンパーには2GBにする設定が書いてあったので試したら、そのとおりBIOSは2GBと認識した。えーい、とおもいBIOSでは接続なしとしてブートしたら、ブートして立ちあがり、ディスクアドミニストレータでみたら、しっかり2GBのディスクとして現れた。そんじゃということで、ジャンパーを元にもどしてみたら丸々20GBが見えてチャンチャン。どうやら、BIOSレベルでは8.4GBまでしか認識しないけど、NTはそんなもの使ってアクセスしないから丸々見えるらしい。きっとWindows98や95なら8.4GBまでしか見えないんだろうなぁ。Windowsにしてもこの容量はブートディスクには使えないだろう。どっかの雑誌に書いてあったが、Windows98系でも使えるように、各社無料で自社製品だけでうごくDiskManagerのような8.4GB以上を認識させるプログラムを配っているらしいが、私はみつけられなかった。

さて、このIBMの型番の読み方なのだが、どーもこういう風に読むらしい。

DJNA=シリーズ名 3=1インチ四方あたり3Gビットの密度、5=5400回転、2030=20.30GB容量

この法則を当てはめると他のディスクのスペックもぴったりあうので覚えておくと便利かも知れない。なんとまあ20GBなのにディスクが4枚しか入っていないそうで、すごい世の中になったもんですね。他のメーカーはこんなに容量を大きくする特許を持っていないの大変な苦労をしているようで、WestanDigitalなんかは大容量HDDはIBMからOEMを受けているらしいから、他のメーカーもあと何年こんな大容量化戦争についていけるか、ちょっと心配なところでもある。