これはいい!日清ヤキソバ UFO

たまに、家で一人でいると、一人分の食事をわざわざ作るのは面倒なので、インスタントラーメンのお世話になることがある。結婚してからこの手の食品はあまり食べることもなくなったので、実はこれがちょっと楽しみ。一人暮しのときは良くお世話になったものだ。大体、コンビニのオニギリやお弁当は毎日買うには高すぎるんだよね。

スーパーに行くと、新発売のカップラーメンが「お買い得セール」のように陳列してあることが多い。私はそういう新商品のインスタント食品を試してみるのが好きで、買い物カゴにこっそりとその手の商品を入れて、あとでレジで見つかり妻に「またこんなもの買ってぇ」と言われることもしばしば。

さて、2ヶ月ほど前から出まわっていると思うけど、日清食品のUFOというヤキソバが新パッケージになって出てきた。UFOといえば結構昔からあるインスタントラーメン ヤキソバ部門の養老だ。味付けはとくに変わっていないようだが、決定的なポイントが1つある。それは「ターボ湯きり」と呼ばれる新しいお湯きり方法だ。カップラーメンの場合はお湯を捨てる操作が無いので、味や容器が熱くならない工夫に企業努力をしているようだが、ヤキソバの場合、お湯をいかに速く、確実に捨てられるかというのが最大ポイントだと私は思っている。これはヤキソバを食べたことがある、または、いつも食べている人は実感していることだろう。ご存知ない方のために説明しよう、なんと、うちの奥さんもインスタントヤキソバの作り方は良く理解していなかったようだから。(教えなかったら、最初にソースをかけて、それからお湯を注ぐところだった)

インスタントラーメンのヤキソバは、パッケージを開けたら、まず具とソースの袋を取り出して、具だけ麺の上にばら撒く。すでに具が麺と一緒になっているものもあるが(UFOも該当)、ソースは絶対に一緒にはなっていない。だってお湯で麺をふやかして、お湯を捨ててからソースと絡めるのから。インスタントラーメンを食さない方はこの点をあまり理解していないようだ。

麺と具が一緒になったところで、カップ内側にある線に合わせて熱湯を注ぐ。実はこの線ははっきり赤や黒で書かれているわけでなく、カップの形状に段差があるとか、あまり分かりやすい方法で書かれているものがない。この点も初心者にはわかりにくいようだ。とくに、インスタントラーメンの場合、お湯の入れすぎや少なすぎはスープが濃くなったり薄くなったりして、せっかく調味料のプロが調合した濃度にならないため致命的。でも、「俺は濃い味が好き」とかポリシーを持って作っている人は微妙にお湯の量を調整しているはず。ヤキソバの場合はあとでお湯を捨てるから、少なくて麺のふやけ具合が少なくなるよりか、たっぷり注いでおいたほうがいい。

お湯が注がれたところで、待つこと3分から4分。ヤキソバはことあと最大の製作ポイントを迎える。お湯を上手に捨てなければならない。それも麺や具を一緒に流してしまうことなくお湯だけを上手に。ところが各社この辺にいろんな工夫を凝らしてきたのだが、これまでピンとくるものはなかった。それを改良したのが「ターボ湯きり」なんである。よくある手法は、蓋に湯きり用のスリットが設けてあり、反対側にも空気抜き用のスリットがあって、カップを傾げてスリットから上手にお湯を捨ててちょうだいね!というのが基本だった。ちょっと工夫して湯きり用はスリットを大きくし速く湯が捨てられるようにしてあったり、ペヤングカップヤキソバなんかは四角い容器の角だけ隙間が開いていて、ここからお湯がでるようにしてある変わった方法を採用しているのもある。だが共通した欠点が1つ。それは湯きり口が小さいのでお湯を捨てるのに時間がかかり、その間にも麺がふやけていって、自分の好みのふやけ具合にするには何回も同じ製品で時間を調整する必要があるということだ。ふやけすぎたヤキソバはスポンジのようで歯ごたえがないし、ふやけがすくないと芯が残って半完成品のようになってしまう。

それからまだ欠点がある、それは具や麺までも一緒に流れ出てしまうこと。食事代をケチってまで食べているのだから、湯きり口から麺がチョっと出ていったり、具のキャベツがポロッとこぼれ落ちたりするのは当然許されない! だからそれを許すまいと必死に蓋を押さえたりする。ところがお湯が満タンに入っているから、お湯が蓋に当たってそれが手にまで伝わって「アチチチィ」と熱い思いをすることもある。蓋を押さえるのを怠って、ちょっと開いた隙間からダダーッと麺がこぼれてしまうのは最悪だ。それに湯きりを怠ると、湿っぽい麺になり、これにソースを絡めるとヤキソバというより、スープスパゲティーになってしまうのも許せない。

まあ、これだけごたくを並べて、要するにこれまでの湯きり方法には大きな不満があったわけだが、これを一気に解消してくれるターボ湯きりを紹介しよう。(なんて長い前振りだろう^_^;)

最初の状態湯きり口が現れた状態

写真左は売られている状態で一見、カップラーメンのような状態。そうよくある湯きり口のスリットが見えない。それが写真右のように、右斜め上の切れ口をベラッとめくると銀紙あらわれ、そこにはたくさんの穴が開いている。中央やや下に点線が引かれているところまで、蓋をめくっているので、それから上側は容器にぴったりくっついていて、傾けてもお湯がまわりから流れ出ず、湯きり口の穴からザーッと一気に流れ出る。つまり蓋が取れて中身が飛び出る心配がないので、けっこう思いっきり傾げてお湯が切れる、穴数も多い。だから湯きり時間が速い、同じ時間をかけてもしっかり最後の一滴まで湯きりできる。つまり、カラッとしたヤキソバ麺になりソースをかけてもべチャッとしない。具のキャベツも少し大きめにカットしてあるので、穴から流れ出にくいようだ。

そーかー、こんな手があったか。これはインスタントラーメン分野において、近年まれにみる発明だとおもう。蓋にはやっぱり「特許出願中」と書いてある。とにかく一度試してみるといい、いままでの湯きりとはぜんぜん違う。それに、新パッケージになってから、日清食品の売りこみも激しいのか、スーパーで100円でよく売られているのを見かける。普通なら128円か118円がいいとこだろう。いま、お買い得になっているんである。だから、100円で売っているのを見かけると つい買ってしまい、台所の棚の中には5個ぐらい溜まっている。それでももう10個は食べただろうか。

ちなみに、日清食品のホームページUFOの紹介はこちら。