選挙カーって効果あるの?

統一地方選挙が始まりましたねぇ。先週末はうちのまわりにも選挙カーがでっかいボリュームで入ってきて、どこかの候補者の名前を連呼していました。でもうるさいから逆効果だとおもうんだけどなぁ。とくに選挙期間の最後の日なんかにゃ、夜の8時まで選挙カーがグワングワンはしって、ちょっと警察に電話して止めさせようかと思うこともあるからなぁ。

ところで、ずっと前の話になるけど、ハワイに旅行にいったとき、テレビをつけると選挙の話題が一杯で、ああ、ちょうどアメリカ大統領の選挙なんだあ、ってことがありました。そのときハワイ島をレンタカーで走っていたら、道端にニコニコしながらこっちを向いて手を振るおばさんとか、お兄さんとかが、ポツリ、ポツリと数百メートル間隔で立っていました。最初は「へんな人がいるなぁ」とわけがわからんかったです。よくよく見ていると、ボードを持っている人もいて、そのボードには人の名前らしきものが。どうやら、アメリカ大統領を選出するハワイ州に出馬した人の名前らしいです。

そうです、みんなにこやかに通りすぎる車に手を振って支持を訴えているのでした。うーん、なんて静かな選挙運動なんだろう。そういえば、選挙カーなんて1回も見たこと無いし、ポスターとかも見たこと無いし、テレビや手を振る人がいなければ、選挙していることがわからないぐらいの雰囲気です。

この辺をちょっと見習って、むやみやたらに名前を連呼するとか、地域住民のためにがんばりますとか、当たり前のことはもう止めて、どうせ選挙カーを走らせるなら、だんご3兄弟のメロディーに乗せて、替え歌「談合ゆるさない」とか、選挙カーを追っかけてまで聞いてみたくなるような宣伝方法をしてみませんかね。そんな気の利いた頭のよさそうな人に政治はやってもらいたいなぁ。そうでないと赤字へらないよ>神奈川県