いまどきのカーナビってすごい

この春、車を買い換えたタイミングで、カーナビをつけてみました。カーナビは以前から興味があったのですが、ちょっと高いし、それでほんとに役に立つのかも怪しいし。友達でつけている人もいないから良くわかんないし。
でも、つけるなら買い替えの時に、ぴったり!綺麗に!つけてもらうのがいいだろうと、ずっと前から各社から発売されているカーナビを比べつつ、どれにしようかなぁと悩んでました。インターネットでカーナビの話題があるところへ行ってみたり、実際に販売店にいって操作してみたり。で、決めたのがパイオニアのカロッツエリアAVIC-D919という機種です。DVDナビで、地図のスクロールが早くて、音声で操作もできて、PCカードでデータのやり取りができるというのが選んだポイントです。

昔、ナビの研究をするために、SONYのハンディタイプのナビを1台買ったことあるんですが(車には積みませんでした)これがちょっといまいちでして、検索は遅いし、地図の精度もいまいちだし。だから、それよりはずっと良くなっているだろうとは想像してました。ところが、いまのカーナビはすごい! 自分の車の位置はいつも道路にぴったり!地図の道の無いところなんて走ることは1回もなし。いやー、D-GPSで位置を補正して、ジャイロを積んでるっていっても、どこいっちゃうかわからないのが車ですからねぇ。いつも自分がどこにいるのかわかるってのは安心して運転できるので、安全運転になると思います(カーナビ見つめすぎて危ないってことにならなきゃですが)
で、毎日使ってほぼ1週間たちましたんで、カーナビ初心者の私の視点から、おどろきを幾つか紹介します。

1.知らない道を教えてくれる

わたしは、知らない道を走るのが嫌いで、横浜の知らない道をコチョコチョ走るくらいなら、ちょっとぐらいの遠回りの知っている道とか渋滞する道でも、そっちのほうがいい。と思うくらい知らない道嫌い人間です。だって、知らない道を地図を頼りにはしったって、どこ曲がるかわかんないし、曲がり損ねたらサー大変。どうやったら元に戻れるかとか考えるだけでいやになります。それも運転している最中にそんな難しい考え事してたらぶつかっちゃうよぉ。でも、カーナビなら目的地だけ言っとけば、知らない道でもちゃんと案内してくれるし、間違ったり無視して違う方向にいっても、すぐに別のルートを見つけて案内してくれる。この前なんか、夜に横浜の真中から家まで帰ったら、全然知らない道を案内してくれて、いつも渋滞している国道1号線とか、チョロっとよけて渋滞の先にでてくるし、もーーー感動! こんな道があったんかー!って得した気分になりました。あれは紙の地図なら絶対に行くことは無い道順だな。

2.渋滞を避けてくれる

VICSという渋滞情報を放送するシステムがありますが、これを受信して渋滞を画面に表示して、目的地まで渋滞を避けながら案内してくれます。さきの知らない道を案内されたときも、いつのまにか渋滞の先の交差点にひょっこと出てきました。ただ、ちょっと問題があるとすれば、渋滞しているよーと地図で表示してるのに、いってみたら、そんなこと無いジャン!ってことがあり、情報の更新が少し遅いのじゃないかと思ってます。がんばってね、VICSセンター。あと、VICSの放送しているところって全国じゃないので、はやく整備されることを願っています。

3.道なきところも道になる

横浜には環状2号線という新しい道が1年前に開通しました。この道はまだ地図に載っていないので、最初に目的地までルート検索したときは候補にはいりません。そりゃ、道知らないんだから、当たり前なんだけど。ところが、道なきところを走っていると、そこにも道があるんだなぁと学習してくれて、やがて道として認識してくれます。そして、ルート検索の候補のなかにその道も入ってきます。すげー!賢いのねぇ。でも、あの通った軌跡を消したら忘れちゃうのかな。

4.声で操作できる

車の運転している最中に画面を見ながらリモコンで操作なんて事故の元です。たしか携帯電話で片手運転とかそのうち禁止になるそうですよね。渋滞中にたまに見かけるのは、漫画読みながら運転しているひと。こんな危ない人をみたら、ぶつけられまえに逃げるようにしています。
走行中は車内もノイズがあるし、音声認識なんてどんなもんでしょ、IBMのViaVoice98の経験から、マイクが声以外の音をひらうと、認識率が極端に悪くなるのは知ってるので、ま!認識したらラッキーね、ぐらいの気持ちでした。ところが、意外と認識してくれて、コツをつかむと80%ぐらい認識してくれるんじゃないかと思います。コツは、大きな声で、ハッキリと、ラジオなどは消す。これです。
走り出す前に目的地を決めてしまえば、あとは画面の見え方の変更だとか、画面スクロールだとか、VICS渋滞情報とか、それほど難しい操作はしないので、声だけでできるのは、安全面からもすごく便利です。これは各社競い合ってもっと便利にして欲しいなッ!と思います。

5.位置情報をPCで編集できる

実際に走って到着した目的地をとりあえず覚えさせておいて、うちに帰ったら、そのデータをPCMCIAのメモリカードにコピーし、ソフトで加工して、またナビにロードするということができます。ソフトはインターネットで公開されていて、なかなか便利に使えます。昨日は、週末に会社の後輩の結婚式の2次会会場の緯度と経度をMapFanWebで探し出して、ソフトで入力してナビに覚えさせました。ちゃんと案内してもらえるか楽しみです。

とまあ、1週間もたたないうちに、このカーナビにはこんな感想を持ちました。値段はまだまだ高いですが(なんとテレビも合わせて30万円もする、10万ぐらいにできない?)毎日、ちょくちょく運転するひとなら、悪い投資でもない気がします。