実在した「チューチューマウスおんど」

▼その後の情報へ

去年の夏ごろだったか、たまーにユーザから「チューチューマウスの歌を聴きました」というメールが何通か送られてくることがあった。なんのことだかわからないので、そのままにしていたんだが、うちの義姉から電話がかかってきて、「へーすごいねぇ、チューチューマウス音頭って歌も作ったんだ」なんて言われて、これまた見に覚えがないことでキョトン! 

よくよく聞いてみると、NHKのことも向け歌番組で、歌の題名が「チューチューマウス音頭」で、コンピュータだとかマウスだとかが歌詞に織り込まれていて、振り付けまでついていて、みんながそれに合せて踊っていたという。あさ、なんとなくテレビをつけていたら聞き覚えのある名前だったから、はっ!と思ってテレビを見たら、そんな風だったそうな。これを聞いても、実物を見るまでは信じられないものだから、チャンスがあったらビデオに撮っておいてと頼んでおいた。

先日、またユーザから「チューチューマウスの歌まで作っているんですねぇ」とメールが届いて、「私は全く知らない」といったら、「作者なのに知らないなんて」といわれてしまい、情報を集めるようになった。すると、NHKのドレミという再放送の番組中で流れているとのこと。番組表をみてもドレミという歌番組はない。義姉に電話したら、昔とったテープに残っているかも知れないから探してみるとのこと。で、とうとうそのテープを入手したのであった。

どんなんだろう、とちょっとワクワク・ドキドキでPLAY、うぉー!本当に「チューチューマウスおんど」というタイトルがついている。お猿さんのような変なキャラクタが、本当にねずみみたいなぬいぐるみを持って、子供たちとお姉さんと一緒に歌って踊っている。歌詞は紛れもなく我がチューチューマウスのことを歌っているようだ。

「コンピュータのくにからやってきた、はたらきもののこまねずみ、…マウスで開いてクリック ポン!」

なんじゃ、この歌詞は。「こまねずみ」というのはなにごとぞ。チューチューマウスはハムスターだぞ。なにぶんごちゃ混ぜテープの重ね撮りの隙間から拾ってきたから、全パートが聞けなく、春夏秋冬の歌メロデーの夏の部分として歌ったものらしいから、ほんの1題ぐらいしかなく、次の秋の歌に移っていってしまった。あれはどう見ても盆踊りの歌として作ったものらしい。調子といい踊りといい、盆踊りそのままだ。

というわけで、それを見てからというもの、なんとか全曲みてやろうと、NHKの歌番組らしいものを全部録画して早送りして番組の特定をすることになった。すると、あのお猿さんのキャラクターが映った番組をキャッチ! NHK教育の朝9時30分から15分間、「まちかどドレミ」という番組だ。それから約1週間、毎日録画して、家に帰ってチェックしているが、まだ「チューチューマウスおんど」は見つかっていない。

最近巷では、「だんご3兄弟」が大ヒットして、キャラクターを使いたいと企業からの申し込みが殺到しているらしいが、最初にキャラクターがあって、あとから歌を作るのは、勝手にやってもいいのかいな。>NHK

また、詳細がわかったら報告します。みなさんのなかで、「チューチューマウスおんど」について情報をお持ちの方はご連絡おまちしてます。


とうとう、チューチューマウス音頭のビデオ録画に成功しました。でも、借りたビデオと同じ場面で春夏秋冬の夏の部分で、チューチューマウス音頭をちょっとだけ踊るだけです。この街角ドレミという番組は再放送で、子供たちが春休みにはいって、番組の再放送も終わったようです。

で、いつからチューチューマウス音頭があるかですが、次のようなお便りを頂きました。どうやら98年の2月には存在していたようです。

IKEさんこんばんは。平野ともうします。

実は、チューチューマウスは、けっこう昔から知っていたような気がしますが、私の貧弱なハード(^_^)に特に必要もないものを実行させるのはあまり好きではなかったため(ごめんなさい)、ユーザーにはならずにいましたが、私の娘(現在小学校2年)が、1年生の時に学校で、チューチューマウス音頭を教わったということで、更に父兄参観の時にみんなで踊ったりしていたものだから、ついつい受けねらいで、本物のチューチューマウスってこんなものだよということで見せてやりたくって、送金したのが、私のユーザー登録の理由でした。

どういうわけかむしろ会社のパソコンに、今でもチューチューマウスが住んでいます。(^_^)

ということで、私の登録記録が調べられれば、少なくともその前にすでに振り付けまであったということになると思います。

もしかして娘のことだから今でも踊って見ろといったら、踊れるかもしれません。歌詞もきっと覚えていると思います。(すでに寝てしまっているので今聞けません)