幕山公園の梅

先週の朝日新聞の朝刊1面に綺麗な梅の写真が載っていました。ふーん、いいなぁ、もうこんなに咲いて春だなぁ。この目で見てみたいと思ったので、神奈川県湯河原町にある幕山公園(地図協力:MapFanWeb)というところに出かけてみました。最初の計画では朝の6時に起きて車で出かける予定でしたが、あいにく日曜日は天気がちょっと悪いみたいで、様子を見ることに。8時ごろには雨の心配もなさそうなので、いざ湯河原へ。
湯河原近辺の情報は湯河原温泉観光協会のホームページで見ることができます。

公園近くには9時ごろに到着しました。地図によるとバスと自家用車の駐車場が2箇所あるようです。ところが公園に上っていく道にはいってドヒャーン! もうすでに車の大行列が。そのうち緑のジャンパーを着た人が現れて、手にもったビラを一枚一枚配り始めました。そのお兄さん曰く「ここから駐車場に入るには2時間待ちですから、この海岸沿いの駐車場に止めてください。無料送迎バスが出ています」

だったら、もっと手前から要所にたって教えて欲しかったなぁ。看板たてたりさぁ。ま、このまま渋滞に埋もれていても無駄に時間を過ごすだけなので、Uターンして海岸方向に向かいました。あ、ちょっとトイレがぁ………。途中みつけたセブンイレブンに入ると、陳列棚におにぎりやサンドイッチの部類が1つもありません。店主と納品にきた業者との会話:「ここ数日こんな調子なんですよねぇ、多分、梅のせいだとおもうけど」 どうもこの店主は、幕山公園の梅が朝日新聞の一面に載ったのを知らないか、影響力を理解していないらしい(^_^;) うちもそれ見て来たんだから。

臨時駐車場(地図協力:MapFanWeb)は幕山公園から2Kmほど離れた海岸を埋め立てた場所でとても広く、隣に湯河原高校がみえます。1台500円で幕山公園まで15分〜30分間隔で無料送迎シャトルバスが出てます。駐車場はとても広いので満タンになることはまずないでしょう。それから料金は無料送迎バス代込みで1台500円なので1台に1人でも7人でも500円、家族連れにはとってもお徳です。無料送迎バスは渋滞列の対向車線を走って行くので渋滞とは無関係です。どうやら、あんまりたくさん人が集まってくるので、急遽、箱根登山鉄道と地元警察と観光協会が用意した手段のようです。だって、お兄さんの説明がとってもわかりにくかったし、途中に看板もなかったしね(^_^;)
さて、これで場所はわかったとして。

公園に隣接する駐車場に着いてビックリ!とても朝日新聞の広告能力を収容できるほど収容台数がありません。バスと自家用車の2つのスペースを合わせても200台ぐらいでしょう。朝の6時ごろに行けばラッキーで駐車できるかも。朝9時すぎたら迷わず臨時駐車場に向かったほうがよいと思います。駐車場に入れるために順番ついているお父さんは、きっとこの狭さを知らないだろうけど、これじゃ回転悪いからいくら待っても入れません。シャトルバスは臨時駐車場と公園をフル回転で往復してるので、バスから降りている間に、次のバスも到着しました。バスから降りた駐車場から公園入り口に向かって歩いて行くと、途中の道路に露店が何件かあり、漬物・干物などを売っています。いま買っても荷物になるだけなので、帰りに寄るとしましょう。


公園に近づくと遠くの山の斜面にピンクと赤の梅の木がずらっと並んでいるのが見えてきます。おばさん達は「ワァー」と歓声を上げます。そ!いい忘れましたが、梅を見るなんて若者にはない趣味ですので、来園者のほとんどがおばさんとおじさんです。平均年齢はきっと50歳を超えているでしょう(^_^;) 1月30日から3月22日まで「梅の宴」というイベントをやってますので、園内にも売店やこま作り体験とか絵手紙コーナーなどがあります。
梅3000本は幕山のふもとから頂上にむかって植えてあり、下から眺めると綺麗なピンクの山肌で、上に登って見下ろしてもなかなかグーです。山腹には岩肌が見える個所があり、なぜかロッククライマー達が練習してました。

一周回ってくるとちょうどいい運動で、つめたい梅ソフトクリームをほおばって完璧です。これはなかなかおいしいソフトクリームでOKでした。駐車場への帰り道、露店で長芋の漬物と温泉パンなるものを買い、駐車場でシャトルバスを待つこと10分、無事臨時駐車場まで帰ってきました。そしたら、あれだけ広かった駐車場に結構車がはいってまして、時間はもうお昼になろうとしてましたとさ。

3月7日でほとんど満開だったので、3月15日ごろまでが見頃でないかと思います。お弁当とお酒を持ち込んで、はやくも花見をしている人もおり、天気が良ければよい花見ポイントです。