今年のいいこと第1号

年明けそうそう、デジカメは壊れるわディスクは壊れるわで、あんまりいいことない1年の始まりでしたが、やっといいことが回ってきました。1つは壊れて修理に出したデジカメが無償でメーカーから治って返ってきたことです。どうやら、コンピュータが暴走していたそうで、修理の明細には「故障ではありません」と書かれていました。でも暴走してるなんて分からなかったんだけどなぁ。まあ、3万円までなら修理覚悟してたので、ただでまた復活したことは得した気分です。

PalmSizeカシオペアそれからもうひとついいことは、年末に窓の杜で窓の杜大賞を頂きましたが、その記念商品が届きました。カシオの縦型のWindowsCEマシンでした。私は初代のカシオのWindowsCEマシンもってまして、半年ほど前にWindowsCE2.0にバージョンアップして使っているWindowsCEユーザの一人です。といっても会社の予定表をコピーして持ち歩く程度にしか使っていませんが、それでも「今日は休もうかなぁ、なんか打ち合わせとかあったっけなぁ」と最新の予定表を常に持ち歩けるのはとても便利なことです。OutLookの予定表といつも同期とってくれるし、高級な電子手帳ってとこでしょうか。

こんな使い方しかしないから、ちょっと邪魔なこのキーボードとってしまえばいいのに…と思っていたら、この縦型のパームサイズPCという規格が出てきて、ちょっとお店で触ったら、結構キーボードなくても使えそうだし、でも2台もWindowsCEマシンがあってもなぁ。雑誌の記事書くわけでもないのに… と思っていた矢先のことでした。

CPUが初代より高速なためか、手書きの認識率も上がっているようで、キーボードが無くても十分使えそうです。ただ、未だに分からないのは、縦型のためタスクバーが非常に短く、複数のアプリを起動してもタスクバーに切り替えのためのアイコンが並びません。どうやってアプリを切りかえるのか未だに謎です。もしかして複数起動しない仕様になったのかな。まさかねぇ、Windowsだもん。