電球型蛍光燈は果たしてお得か?

なぜか我が家は照明の半分ぐらいが電球です。親が蛍光燈が嫌いだという理由でそうなりました。でも居間の照明なんか定格では60Wの白熱灯が6個も必要で、蛍光燈で60Wぐらいの明るさを得るために360Wも電気を消費するとてももったいない照明です。なんとかしたいなぁ、とずっと思ってきました。で、手っ取り早い節約の方法は、60Wを40Wの電球にしてしまうことです。だから我が家に備蓄している電球はすべて40Wだったりします。

数年前から電球の形をした蛍光燈が発売されて、値段も高いのか安いのか、電気代は節約できても電球代を考えると実は損しないのか、ずっと疑問を抱いてきました。それにしても、当初の電球型蛍光燈は馬鹿でかく、ちょっと図体の大きな照明器具でないと、電球が入りません。だから、ちょっとオシャレな照明にはもちろん入りません。それだから、最初から取り付けをあきらめていて、ろくに損得勘定をしていませんでした。

先ごろ、東芝からほとんど電球と大きさが変わらない電球型蛍光燈が発売されたのはCMでみましたか?最初はあまり気にも留めなかったんですが、実物を見てほほーん!と感心しました。本当に電球と大きさが変わらないのです。ちょっと長いぐらいかな。でも胴回りはほとんど変わりません。これならカバーの口が狭い照明器具でも取り付けられそうです。

で、本当に得なのか計算してみました。次の表を見てください。最近の電球は60Wといっても省エネ型で54Wだったりします。40Wでは38Wぐらいです。電球型蛍光燈は14Wぐらいです。我が家は電気代がいつも第3段階の一番高いところまで手が届いているので1KWhあたり24.65円としました。それから電球はDIYのお店で1個120円ぐらいで買えます。電球型蛍光燈は安売りで1400円ぐらいです。寿命は6倍ということで、東芝のホームページの記述から電球は1000時間、電球型蛍光燈は6000時間もつとしました。するとですね。まず1時間あたりのコスト(1時間あたりの電気代+1時間あたりの電球代)がすでに電球型蛍光燈がお得であるということがわかりました。朝夕合わせると、1日たぶん8時間ぐらいつけているだろうということで、年間で60W電球にくらべ、40W電球に換えれば1151円、電球型蛍光燈に換えると2548円得という結果になりました。

勘で計算してたときは1年半ぐらいしたら元が取れるかなぁと、ぜんぜん当てにならない計算してたんですが、実は最初から結構お得だったわけです。ということで、さっそく10個の電球を交換してみたところです。

種類 電球 電球 電球型蛍光燈
消費電力 54W 38W 14W
1時間あたりの電気代 ¥1.33110 ¥0.93670 ¥0.34510
電球代 ¥120 ¥120 ¥1400
電球の寿命 1000時間 1000時間 6000時間
1時間あたりの電球代 ¥0.12 ¥0.12 ¥0.2333
1時間あたりのコスト ¥1.45110 ¥1.05670 ¥0.57843
1日8時間使い1年のコスト ¥4237.21 ¥3085.56 ¥1689.03
お得度 ¥0 ¥1151.65 ¥2548.19

あ、でもこの東芝のネオボールZという製品ですが、ちょっと欠点が。。。実はスイッチ入れてすぐはちょっと暗いのです。30秒〜1分ぐらいすると普通の明るさまでだんだんと明るくなります。ちょうど、映画館の上映が終わって、照明が少しづつ明るくなるのに似ています。でも、そんなに不便でもないので慣れればそんなもんです。