新年そうそう物がよく壊れる

明けましておめでとうございます、新年早々とんでもないことをやってしまいました。なんとikehouseのWWWサーバのAdministratorのパスワードを忘れてしまったためにLOGONできなくなってしまいました。まさか忘れることもないだろうと思って、きっと分かりにくいパスワードをつけたんだろうけど、しばらく使っていないうちに、すっかり忘れてしまい、もう2日もトライしているけど当たる気配も無し。WindowsNTはAdministratorのパスワードを忘れると、もう再インストールしか手が無いんだとか。渋々再インストールすることになりました。

もしも今度サーバを再インストールしたときには(別に再インストールを期待してたわけではないが、サーバをパワーアップするとかの理由ならね)うるさい旧式のSCSIハードディスクをやめて、最近すっかり定着したUltraDMA33のIDEに換えて、SCSIに比べてどれくらい速度が出るのか試してみたいとおもっていたので、IBMの8.4GBのHDDを二万二千円ぐらいで買ってきて試してみました。それにしても、容量が8.4GBで二万円チョイなんて、ほんと、最近のHDDの世界はどうかしている。数年前にIBMが従来より10倍記録密度を高くする技術を実用化したとかいっていたけど、ほんとにその通りになってしまった。この前は500円玉みたいな大きさのHDDも作っていたし。

で、WindowsNTでマザーボードに載っているSiSのチップセットに対応したIDEドライバを取ってきて入れたらちゃんとUltraDMA33で動き出しまして、読み書き10〜5MB/秒ぐらいで動いています。書きこみがちょっと遅いのが気になりますが、これはSCSI-2を超え、UltraSCSIの狭い版ぐらいはでていますね。うーん、すごいことになっているもんだ。

ところで、悪いことは続くもので、別のファイルサーバのシステムHDDも数日前にシークが時々変になりまして、なんと昨日サーバを立ち上げてみたらお亡くなりになってしまいました。このHDDも2年ほど前のDFRSという7200回転のディスクだったんですが、ちょっと寿命が早かったです。24時間運転のWWWサーバの方は大丈夫だろうか。
あと、もうひとつ悪いことがありまして、富士フィルムのDS-300というデジカメが、PCカードを差し込むとウンともスンとも言わなくなり撮影できなくなってしまいました。あー、これは修理に出さないとねぇ。ATA Flashメモリを使っているから、ちょっとPCMCIAスロットに刺すだけで画像が読めたから便利だったのに…

そんなこんなで、新年早々、幸先の悪いスタートを切ってしまいちょっとガックリきている1999年です。