ルータを替えちゃいました

今年の3月からOCNエコノミーを引いてからルータとして活躍していたMN128-SOHO/DSUですが、これまで十数回ハングアップする現象がどうしても解消できなかったので、とうとう引退してもらうことにして、ヤマハのネットボランチRTA50iに交換しました。

MN128がハングする原因はずっと熱暴走でないかと疑っていて、この夏はずっと小さい扇風機で風を送りながら過ごしました。でも1ヶ月に2回ほどISDN側のLEDとLANのLEDがつきっぱなしになる症状がでました。こんなとき、本体の電源を再投入すると治るんですが、夏休みで家にいないときは、そんなこともできず、家に帰るまでの数日間、WWWサーバが外部からアクセスできないという青くなるような経験もしました。それじゃ、もっと冷やすのにファンでもつけたらどうかと、PentiumPro用のCPUクーラーに乗っていたファンを取り外し、あまっていたACアダプタの先にくっつけて、写真のように側面の通気口につけて冷やす作戦も試しました。

このファンで冷やす作戦は、冷やすことに関しては扇風機なんかよりよほど効果があって、いつもケースはひんやりしています。それでも、この前、いつのまにか1回死んでしまい、もうこれは熱暴走なんか原因ではない、OCNエコノミーには向かない製品なんだと確信したので、なるべく早く実績のあるルータに交換したいなぁ、と思っていたのです。

で、各社の製品で、安くて信頼できそうなのを探してみると、どーも、過去の製品の実績からヤマハのルータが一番問題がないのではないか、そのなかで最近でてきたRTA50iというのは安いけど、きっとこれまでの経験を生かして、死んでしまうことはないだろう。そう感じはじめて、機会があったら買って交換しようと思っていたところ、ちょうど、PC-PARKというお店が特価品で3万8千円ぐらいで代金引換・送料無料で購入できるのを見つけて、まだ1回も利用したことないお店だけど、試しに買ってみるかと挑戦してみたら、あっという間にこの天皇誕生日に届いてしまい、わさわさ交換作業となったわけです。

MN128-SOHOは縦置きで、サーバの隣にはちょうどよい格好だったんですが、RTA50iはごらんの通りサイコロみたいに四角くて、ちょっと横の隙間に置くという感じではありません。本体の裏についている4本の突起がちょうど谷間にあうので、橋のように引っ掛けて置きました。

設定は簡単なのはWWWブラウザでできますが、そのままだと外部から内部のサーバにアクセスできない設定らしく、telnetで細かいフィルタを書いてやらねばなりません。この辺はセキュリティに対する基本的な考えの差でしょうか。MN128-SOHOのときは、逆になんでもあり!が基本設定でしたけど。

さて、RTA50iは電源を入れてからかれこれ5時間は経ちました。もうすっかり発熱は定常状態に入っていると思われます。これまた結構 熱い気がするのですが果たして大丈夫なものでしょうか。。。

あ、そうそう、 液晶表示なんてなくて、全部 緑のLEDです。MN128-SOHOも赤とオレンジのLEDでした。LEDだけなんてチャチイと思ったら大間違いで、会社の同僚は、表示が液晶だと、ISDNに繋がっているのかどうか、ちょっと離れるとぜんぜん分からん!と嘆いておりました。