PC電源は5年で寿命か

古いケースと新しいケース二・三日前からWWWサーバの音がやけにうるさくなってきました。このWWWサーバには一度壊れて修理(というより交換なんだけど)してもらったCONNERのうるさいハードディスクが載っているので、もしや、またHDDが壊れてきたのか、どうしよう、今度は安いIDEドライブにしようか。なんて対処方法を悩んできたんですが、どうやら壊れたのはHDDでなくって、電源の後ろについているFANだったようです。

実はこのケース(写真右側)、1993年に初めてかったGateway2000の466DX2-66Vという、当時は最高速の486CPU66MHzのマシンだったのですが、いろいろ中身が取りかえられて、今年の3月からWWWサーバとして働いてもらっている、超養老のケースなのです。電源も一回り大きいAT電源で、交換しようと探してもなかなか見つからない代物なので、ケースごと交換することにしました。途中に2年ほど動いていないブランクもありましたが、もう5年も経ってますからそろそろ寿命なんでしょう。とくに今年になってからは24時間電源が入っているので、一気にファンがいたんでジージー音を立てるようになったのでしょう。

横浜のDOS/Vパラダイスにいって、DOS/VパラダイスオリジナルというATケースを買ってきて交換してあげました(写真左側)。それにしても、この買ってきたケース、6千円もしない安物なんですけど、安いなりの作りで、立て付けが良くなくて苦労しました。それよりタワーからいきなりミニタワーにして狭くって手が奥まで入らず、配線やHDDの取り付けが大変だったというのが正直なところでしょうか。ま、この値段で復活したのだからOK,OKです。UPSを付けていてもショックでリセットが掛かってしまう ひ弱電源でしたが、それもなくなり、真中に用意してあった昇圧トランスも必要なくなりました。

写真の右側がその超養老のケースで、なんといまだに5インチFDDがついています。もう配線をはずして前面の蓋代わりなんですが、こんな古いデバイスを残しておいたのが原因で、前日ちょっとハプニングもありました。

風邪で休んだ妻はどうしてもMicrosoftProjectで仕事の段取りをしたかったらしく、会社からProjectのデータをメールで送ってもらい、うちで編集しようとしたら、Projectをしばらく使ってなかったものでサーバにインストールされてませんでした。会社にいた私に電話がかかってきて、『じゃ新しくインストールして使えばぁ』とインストールを勧めたところ、『うんともすんとも動かないし、CD-ROMも出てこなくなっちゃった』とまた電話、なんと、CD-ROMを関係の無いとなりのWWWサーバに、それも5インチFDDに入れてしまいまして、奥まではいって出てこなくなったのでした。その後、ほんの少しだけCD-ROMの端が見えていたのでペンチで引っ張りだし、事無きを得ました。ふーっつ、使わないデバイスははずしてしまったほうが間違いが無くていいな、と実感した次第です。