猫ひっかき病

へんなタイトルですが、そういう病名が実在するんです。

8月の下旬、うちの奥さんが一階で、私が二階で仕事をしていました。そしたら、『ぎゃー!はやくきてぇ!』と悲鳴がし、ドタドタと階段をおりてみると、右手からダラダラ血を流している妻が悲痛な顔で突っ立っていました。ははーん、ミーちゃんに噛まれたなぁ。すぐに水で洗い流して、牙でえぐられ大きな穴があいた手の両面にバンドエイドをはりました。

なんでも、雨戸を閉めようとしたら、急にブッチー(ときどき窓枠に飛び乗って、部屋の様子を伺う、白黒の猫です)が窓枠に飛び乗ってきて、網戸を爪で引っかいて空けようとしたので、ミーちゃんあぶない!と手をだした途端、狂喜乱舞したミーちゃんが、目にも止まらず速さで3回噛んだそうです。私はもう、この経験を3回以上しているので、すっかり学習し、どんなときも絶対手はださずに、窓をドンドンと叩いたり、シッ!シッ!と声でブッチーを追っ払うのですが、まだその辺の学習ができてない妻は、まんまとやられてしまいました。
その直後、『どーして噛んだりするの!』とミーちゃんを叱りましたが、本猫も申し訳無いと思ってるらしく、ペシャンと耳を折りたたんでうな垂れていました。猫は悪いことをしたらすぐにその場で叱らないと、後で叱ってもなんのことだかわからないそうです(^_^;)
私の経験通り、だんだんと手が貼れあがってきて、心臓の鼓動に合わせてヅキヅキと傷口が痛むので、その晩はアイスノンで冷やして眠りにつきました。

さて、問題は次の日からで、手が痛いから動かせないということで、ペットボトルの蓋を開けたり、料理をしたり、病院に送り迎えしたり、いろいろと妻の身の回りの手伝いをさせられまして、ただでさえ仕事が忙しくて大変なのに悪いことは重なるものです。病院へ行くと、なんとこの手の傷には正式な病名があるそうで、それがタイトルの『猫ひっかき病』です。なんかお医者さんに騙されている気がしないでもないですが、猫や犬が人間を噛んだりすると、彼らは人間には無い菌をもっているので、それが傷口から入ると、リンパ腺とか腫れ上がるそうです。確かに私も噛まれるたびに、手が腫れて、すごく痛い思いをしましたが、1週間も放っておくと自然になおったのであまり気にしてなかったですが、はやり病院で手当てしたほうがよいそうです。妻は病院で手に包帯をグルグル巻きにされ、通院のたびに、傷口から膿をしぼりだしていました。

私の手の甲には、いまだに噛まれた跡がうっすら残っています。妻は傷の治りが遅い体質なので、きっと1年、もしかしたら一生跡は消えないかも知れませんね。それより、ブッチーが窓枠に飛び乗れてしまうのをなんとかしないと。。。